WSL JAPAN/ASIA TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

プレスリリース

white buffalo HYUGA PRO 実行委員会
報道関係各位

---------------------------------------------------------------
2020東京五輪・新競技「サーフィン国際大会」決定!
世界女子トッププロサーファー達が一堂に宮崎県日向市に集まる!
『white buffalo HYUGA PRO QS3000』
2018年10月19日(金)?10月21日(日)宮崎県日向市「お倉ヶ浜海水浴場」
---------------------------------------------------------------

 white buffalo HYUGA PRO実行委員会(WSL Asia/Japanゼネラルマネージャー近江俊哉、株式会社ケイズプロジェクト 代表取締役 小辻富明)は、2016年・2017年に続き3回を迎える女子プロサーフィン国際大会「white buffalo HYUGA PRO QS3000」を2018年10月19日(金)~10月21日(日)に宮崎県日向市「お倉ヶ浜」にて開催する。
国内で開催される最高グレードとなる今大会は九州有数のサーフタウンである宮崎県日向市に開催地を移し、今年も国内外の強豪選手が集結しWSL QSシリーズの終盤戦に挑むことになる。

■女子サーフィン国際大会 「white buffalo HYUGA PRO QS3000」
  宮崎県・日向市で世界トップサーファーと日本人サーファーが激突!
国内最高グレードの大会となるWSL女子QSシリーズ「white buffalo HYUGA PRO QS3000」には、第1回優勝者で世界ランク14位(8/24時点)のデミティ・ストイル選手(AUS・26歳)、7位(8/24時点)のブリッサ・ヘネシー選手(CRI・18歳)などCTツアーレベルのサーファーが続々エントリー。迎え撃つ日本女子サーフィン選手には、WSLランキング日本人トップに君臨し、オリンピックに一番近い女子サーファーと注目を集める川合美乃里(17歳・WSLランキング37位)や、今年5月に2020東京オリンピック・サーフィン会場で開催された国際大会「一宮千葉オープンQS1000」で優勝を果たす快挙をあげた、松田詩野(16歳・WSLランキング67位)が参戦予定。他にも世界を転戦している日本人選手達が優勝を目指す!!
過去2大会では、いずれも海外選手が優勝。3度目の正直として今大会は日本人選手が表彰台にいる姿を期待したい!また、海外トップサーファーと日本人トップサーファーの熱い闘いのほかにも、会場では選手のサイン会や記念撮影、大会協賛スポンサーによるプレゼント企画など、会場を訪れた観客を楽しませるイベントも充実。試合は全日とも観戦料無料。

■女子サーフィン国際大会 MAGNET by SHIBUYA109にてパブリックビューイング決定!
  「white buffalo HYUGA PRO QS3000」試合完全生中継
宮崎・日向市で開催される「white buffalo HYUGA PRO QS3000」大会の模様をライブで観戦できるパブリックビューイングが都内に登場!大会協賛スポンサーである株式会社SHIBUYA109エンタテイメントが運営するMAGNET by SHIBUYA109(東京都渋谷区)をビューイングスペースとして開放。はじめて競技サーフィンを観るという人にも分かりやすくルール解説し、選手のプロフィールを紹介するなど楽しく観戦できるスペースに。渋谷の街から日本人サーフィン選手達を応援する。
※日時など詳細は、オフィシャルHPで随時情報更新 URLアドレス https://www.shibuya109.jp/MAGNET/

■WSL(ワールド・サーフィン・リーグ)について
世界中で開催されるプロサーフィン・ツアーを運営する組織。主要拠点をアメリカ・カリフォルニア州サンタモニカとし、ニューヨークにも支局を設置。アメリカの他に、日本、オーストラリア、フランス、南アフリカ、ブラジル、ハワイ、南カリフォルニアに もオフィスを構え、世界中のプロサーファーの大会を運営。

■競技サーフィンについて
競技人口は現在世界で約1億2000万人にのぼると言われ、直近10年間でサーフィン人口が50%以上拡大している人気のスポーツです。2020年の東京五輪より追加新種目入りし、競技としての注目度がますます高まっています。
サーフィンには、ワールド・サーフ・リーグ(以下、WSL)が運営する、世界ランキングを決めるワールドツアーがあり、世界チャンピオンを決める「チャンピオンシップ・ツアー(以下、CT)」と、「クオリファイ・シリーズ(以下、QS)」という2つのカテゴリーで構成されています。女子サーフィンの「QS」シリーズは、獲得ポイント・賞金を基準に1000、1500、3000、6000グレードに分かれ、上位カテゴリーであるCTツアー参戦の権利となるポイントをシーズン終盤の11月まで競い合う。
日本人女子サーファーでいまだCTツアーに参戦する選手は出てきていない。

aout-qs.jpg

■white buffaloについて
本大会はwhite buffalo HYUGA PRO実行委員会の株式会社ケイズプロジェクトが展開するインディアンジュエリーブランド「white buffalo」が特別協賛として冠スポンサーとなっています。
white buffaloは、日本でデザインし、アメリカ・ニューメキシコ州に居住するナパホ族の手で一つ一つ手作りされているジュエリーブランド。アメリカネバダ州で採掘される鉱石の中に"ホワイトバッファロー"と呼ばれる、インディアンの間では「奇跡を呼ぶ石」と伝えられる希少な白い石があり、その天然石を用いたジュエリーを中心に構成しています。

■大会概要
 大会名  :『white buffalo HYUGA PRO QS3000』
 開催期間 :2018年10月19日(金)から10月21日(日)
 開催時間 :7:00から16:00 ※天候により変更有
 開催会場 :宮崎県日向市「お倉ヶ浜海水浴場」
 賞金総額 :3,000,000円(US$30,000)
 カテゴリー:Women's Qualifying Series / 女子ショートボード80名
 特別協賛 :white buffalo(株式会社ケイズプロジェクト)
 協賛各社 :
 ・ミズノ株式会社(http://corp.mizuno.com/jp/
 ・株式会社SHIBUYA109エンタテイメント(http://www.shibuya109.co.jp
 ・株式会社ピーチ・ジョン(https://www.peachjohn.co.jp
 ・BILLABONG(http://www.billabong.com/jp/
 ・スカイレンタリース株式会社(https://www.skyrent.jp/company/
 ・株式会社トボガン(http://www.tobogganz.com/index.html
 ・雲海酒造株式会社(http://www.unkai.co.jp/
 ・株式会社あくがれ蒸留所(https://www.akugare.jp/
 ・株式会社宮崎銀行(http://www.miyagin.co.jp/
 ・メディキット株式会社(https://www.togomedikit.co.jp/
 ・ジェットスター航空(https://www.jetstar.com/jp/
 ・宮崎県 日本のひなた(http://www.hinata-miyazaki.jp/
 ・旭化成株式会社(http://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/
 ・米良電気産業株式会社(http://www.mera-denki.co.jp/
 ・株式会社飯干商事
 ・有限会社天領うどん本店
 ・株式会社宮崎太陽銀行
 ・株式会社桝元
 ・じゃらんnet
 ※順不同
 協力各社 :
 ・日向市(http://www.phew-hyuga.jp
 ・宮崎県(http://www.pref.miyazaki.lg.jp
 後援各社 :
 ・TOKYO MX(http://s.mxtv.jp
 ・スカイA(http://www.sky-a.co.jp
 ・株式会社スポーツニッポン新聞社(http://www.sponichi.co.jp
 ・SURFIN'LIFE(https://www.instagram.com/surfinlifemag/
 ・WAVAL(https://waval.net)
 放送各社 :TOKYO MX/スカイA/GYAO!

【昨年の大会風景】
※その他、スチールについては下記URLよりダウンロードください。


WSL '17wbWPスチール抜粋.zip (ダウンロード期限:2018年9月20日まで)
https://29.gigafile.nu/0930-d007096717568207a68e74ccf62eb28e4

WSL_hyuga_pro_poster_B_0910.jpg

WSL_hyuga_pro_poster_A_0910.jpg

WSL OFFICIAL GOODS