WSL JAPAN/ASIA TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

湘南の鵠沼海岸で「BILLABONG SUPAR KIDS CHALLENGE SHONAN」で次世代ヒーローたちの暑い戦いが繰り広げられた。

2018年 7月 8日(日曜日)
藤沢市鵠沼海岸

7月8日、初夏の陽気の中で「BILLABONG SUPAR KIDS CHALLENGE SHONAN」が開催された。1日中を通して過ごしやすい気候で、ややオンショアが吹いていたものの、波のサイズも腰?胸ほどで、条件は最高のコンテスト日和となった。日本の選手のみならず外人選手も参加し、ワールドクラスのジュニア大会が繰り広げられた。カテゴリーは16歳以下がカデット、12歳グロム、16歳以下のガールズとなり、すべてのクラスで見応えのあるヒートが展開された。

20180708-03.jpg

U16カデットのファイナルでは宮崎出身の増田来希が1人果敢に右端にポジションをとり、その作戦が見事的中した。他の選手たちが左端の江の島よりで波待ちしている間に6点台と5点台のグッドレンジのスコアを揃えて1人で首位を独走した。ヒート中盤には三重県出身の村田嵐がセットを掴み鋭い技を披露するが、あと一歩及ばず。結局増田が最後まで首位を独走し、見事U16カデットクラスで優勝した。

20180708-10.jpg

『今回は試合前にずっと波を観察し、右のブレイクにポジショニングすることに決めました。その作戦がうまくいってとても嬉しいです。改めて、ポジショニングの大切さを痛感しました。今後の試合でも今回学んだことを生かしてたくさん勝利を積み重ねて行きたいです。』と試合を振り返りインタビューに答えた増田。

そしてU12グロメットクラスでは、ノースアメリカ、カリフォルニアのマンハッタンビーチからエントリーのカイ・クシュナーが小柄からパワーのあるサーフィンを見せた。1本目で6点台を叩き出し他の選手と差を広げた。中盤に渡辺壱孔(ワタナベ・イッコウ)に逆転を許すが終盤にセットを掴み、キレのある縦のリッピングを3発入れた素晴らしいライディングを見せ再び逆転した後に見事優勝をした。

20180708-88.jpg

試合後のインタビューでカイ・クシュナーは『とにかく楽しむことができました。日本でいい思い出を作ることができてよかったです。』と話してくれた。

20180708-99.jpg

また今回ハワイから参加していたシェーン・ドリアンの息子、ジャクソン・ドリアンもクオーターファイナルまでは素晴らしいサーフィンを見せていた。小さい身体から想像もつかないような鋭いアクションを見せてくれた。

U16ガールズクラスは内容のとても濃いメンツが集まり、16歳以下の日本トップクラスの選手たちが集まり、激しい戦いを見せた。

序盤に良い波を見つけしっかりと技をメイクした川瀬心那(カワセ・ココナ)がファイナヒートをリードし、ヒート中盤に波がなかなか来ない状態が続いたが、終了間際に中塩佳那(ナカシオ・カナ)がフロントハンドの波で怒涛の追い上げを見せたが、わずかに及ばず、川瀬心那が今大会を制した。

20180708-02.jpg

この大会をサポートするBillabong社のシェーン・ドリアンが子供達に貴重なアドバイスを残してくれた。『日本の子供も世界のキッズもサーフィンに対する熱意は変わらないと思います。これからはもっといろんなところを旅して様々な人と出会い、良きライバルとなっていくことが必要です。その環境こそが自分を成長させる最大のコツがあるはずです。』と語り、彼の言葉を脳裏に焼きつけ、日本のキッズたちもさらには世界の子供達と同レベルの高いサーフシーンを創っていってもらいたいです。

WSL OFFICIAL GOODS