WSL JAPAN/ASIA TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

QS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」Day2は極上なコンディションでトップアスリートのアクションがさく裂した。

神奈川県藤沢市、湘南海岸
(2018年 7月10日、火曜日)

2018年WSLアジアツアー・ジャパンレッグのメンズ1,500イベント「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」の2日目は、朝から無風で波のサイズが一気に上がり極上なコンディションのなかトップシードの選手が豪快なサーフィンを披露した。

7月10日の会場付近の天候再び真夏の晴天が続た。強烈な日差しがビーチを焦がし、イベントは6:30コールの7:00スタートでラウンド3からパンチのある波とサーフィンのショーが繰り広げられた。

ラウンド3はベスト64まで絞られたトップシードの選手が登場するラウンドで1ヒートから白熱したヒートとなった。ヒート2に登場したオーストラリアのジョーダン・ローラーは流れるようなハイラインからスピードのあるフローターからフルローテーションのエアリアルを完璧に決め今大会のハイエストシングルスコアとなる9.00と5.75のバックアップスコアでトータル14.25ポイントとしてラウンド4へ勝どきを挙げた。ヒート後にジョーダンはインタビューに対して「昨日までの練習ではこの湘南の波にはうまく乗れずに悩んでいたけれど波のサイズが上がりヒートで4人になったら自分のペースでサーフィンができました。」「QS1500でもポイントを取ることがとても重要です、だからもちろん勝つために日本ンにきました。それでも競技の他に個人的に日本がとても大好きで自国以外に海外で一番好きな場所だからです。」と語った。

02-Hiroto-Ohhara.jpg
Hiroto Ohhara © WSL / KAWANA

ヒート8に登場した日本のヒーロー、オオハラ・ヒロトは応援する日本のファンの期待通り安定したサーフィンで7.25と7.00のトータル14.25で順当にラウンドを勝ち上がった。

ヒート後にオオハラは「QS1500で改めて基本的な戦いを調整して大きな大会に備えるのはとても重要なことです。ヒートごとに戦略をねりトレーニングするような感じです。しかし、勝てば1500ポイントを貯金できるので貴重なことです。湘南の波はトリッキーにセクションが変化するので合わせるのが難しいです。それでもすべての試合で自分のベストを出せるようにするのはとても重要です。」と語った。

03-Billy-Staimand.jpg
Billy Stairmand upped Lawler's ante later in Round 3. © WSL / KAWANA

ラウンド3のヒート10に登場したニュージーランドのビリー・ステイマンドはパンチのある安定したサーフィンを魅せ、この大会のセカンドハイスコアとなる8.75とバックアップスコアを7.50としこの大会のトータルハイスコア16.25でラウンド4へ勝ち上がった。ビリーは「ここの波は、シフトする場所を探して波乗らなくてはならないので難しいです。でもインサイドのパンチのあるセクションを見つければ楽しめます。

日本の文化と人々の親切な友情は最高に好きです。湘南は初めてだけどとてもエンジョイしてます。日本食も最高に好きです。QS1500でポイント賞金を稼いで次の高いレベルに進むことが重要なミッションです」と語った。ラウンド4の最終ヒートではフランスからエントリーのガッテン・デラハイエがハイタイドのオンショアコンディションで華麗なパフォーマンスをみせ6.50と6.20のトータルスコア12.70で明日のラウンド5へ駒を進めた。ヒート後にガテンは「日本でサーフィンをすることはとてもファンです。フランスとはまた違った波で少し難しいけれど、戦略を考えてヒート前には音楽を聴いて集中しながらヒートに臨みました。結果いいサーフィンができてよかったです。メルシー」と語った。

04-Gatien-Delahaye.jpg
Gatien Delahaye finished out the day with a win of his own to complete Round 4 action. © WSL / KAWANA

明日のファーストコールは6:30となります。

大会会場となる神奈川県藤沢市鵠沼海岸(松浪交差点地下道前)は、湘南地域の中央に位置し、江ノ島を取り巻く夏の観光地でもよく知られている。今年で6回目を迎える、国内最大級のビーチイベント「湘南オープン17」は、来客の総勢が3万人以上におよび、今大会も来週末の16日海の日にかけてサマーフェスタが同時開催されて盛大な海の祭典となる。7月1日からは全国的な海開きが始まり、いよいよ日本の夏が始まる関東地方で幕開けとなる一大イベントとなる。

メンズQS1500 EVENT は7月9日(日)からウェイティング期間となり、週末の14日(土)からはJPBA(ジャパン・ボディーボード連盟)とのコラボによる大会もスターし、数多くのアクションが繰り広げられる。

最新公式イベント・ステータスについては、WSL JAPANのホームページトップの中央「最新トピックス」又は、WSL JAPANオフィシャルツイッターを注意して確認してください!!http://www.wsljapantour.com/

QSアジアツアー/ジャパンレッグの第2戦となる「MURASAKI SHONAN OPENP」は7月9日(月)から 7月16日(月)(海の日)まで、神奈川県藤沢市鵠沼海岸(松浪交差点地下道前)で開催される。メンズQS1500の賞金はUS$25,000-(約300万円)となり、シーズンのワールドツアーポイントを獲得する重要な大会となる。今シーズンの夏のイベントとして、海外ツアーを転戦するツアーサーファーを筆頭に全国から最も優秀なサーファー約120人エントリーが見込まれる。

このイベントはインターネットによるライブ放送されます。直接会場にお越し出来ない方は、毎朝放送される「モーニングシュー」を含めたインタ-ネットライブ中継をお楽しみ下さい。

イベント公式ページは、http://www.worldsurfleague.jp/2018/shonan/ からどうぞ!

「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」は、下記スポンサー各位に感謝すると共に提供されます。

主催
・湘南オープン実行委員会

特別協賛
・株式会社ムラサキスポーツ

後援
・藤沢市 / 株式会社湘南なぎさパーク

協賛各社
・日産自動車株式会社
・ジーエスエムジャパン株式会社
・STARTER BLACK LABEL
・ハーレージャパン株式会社
・プーマジャパン株式会社
・CRYSTAL GEYSER
・カシオ計算機株式会社
・株式会社キャムズ
・ファイブクリエイツリミテッド株式会社
・株式会社カーメイト
・Williamson-Dickie Japan合同会社
・マジェスティック ジャパン
・株式会社ドウシシャ
・アイデイ商事株式会社
・ニッキー株式会社
・クイックシルバージャパン株式会社
・株式会社ジャングルジャム
・Skullcandy Japan合同会社
・株式会社運動通信社
・株式会社カスタムプロデュース
・株式会社豆魚雷
・DKSHジャパン株式会社

・アサヒ飲料株式会社
・ブリサマリーナ
・NewEra
・SURFRIDER FOUNDATION
・JPBA
・WORLD SURF LEAGUE

■問合せ先:WSLジャパン事務局
〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-17-1-117

WSL OFFICIAL GOODS