WSL JAPAN/ASIA TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

伊勢志摩プロのDAY1終了

2018/10/13

今日からスタートした、『伊勢志摩プロジュニア』。 昨日の試合会場の波がフラットであったためコンディションが心配されたが、今日は2から3フィートの波が押し寄せた。

先週開催された南房総ジュニアプロ同様に、 今大会も来年に開催されるWJC(ワールドジュニアチャンピョンシップ)の出場権がかかっていることもあり、日本のみならず海外からも選手が集い、熱い戦いを繰り広げた。

本日はU18メンズクラス、U18ウィメンズクラス、U12グロムクラスが、それぞれクオーターファイナルまで消化された。

U18クラスでは、南房総ジュニアプロのチャンピョンであるカナザワ・ロイが初戦で敗北するといった波乱があった。そんな中、今年、国内の試合で圧倒的な成績を残しているオカムラ・コウスケが素晴らしいライディングを披露した。クオーターファイナルでは前半に7.75と6.50ポイントを揃え、本日のハイエストヒートトータルの14.25ポイントでセミファイナルへ進出を決めた。他の選手が風を利用してエアーアクションを試みる中、彼はバックサイドに縦の鋭いアクションを正確に決めて得点を伸ばしていった。

Kianu-Kamiyama1_8205-02.jpg

18ウィメンズでは先週開催された南房総ジュニアプロにおいてセミファイナルで惜しくも敗北したワキタ・サラが躍動した。オンショアが強く吹く難しいコンディションの中、8.00ポイントのエクセレントスコアを含む、トータル13.55ポイントをマークし、セミファイナル進出を決めた。彼女もレフトの波で厳しいセクションに技を連発し、他の選手を圧倒した。

Wakita-Sara1_7906-02.jpg

明日も本日同様に2?3フィートのコンテストに適したコンディションが期待され、WJCの出場者を決める重要な一戦となる。メンズ、ウィメンズともに明日の試合からも目が離せない!

このイベントはインターネットによるライブ放送されます。

直接会場にお越し出来ない方はインタ-ネットライブ中継をお楽しみ下さい。

イベント公式ページは、http://www.worldsurfleague.jp/2018/ise/ からどうぞ!

下記ご協力、スポンサー各位に感謝すると共に提供されます。

主催:志摩市、伊勢志摩PROジュニア実行委員会

公認:WSL Japan

協力:
・チャージサーフ
・KOFF
・志摩市観光協会
・志摩市商工会
・志摩スポーツコミッション
・NSA三重支部
・NSA大阪支部
・国府自治会
・国府駐車場組合
・ボランティア団体ききゅうの家
・志摩青年会議所
・サーファーズファウンデーションジャパン
・NPO法人FEE Japan

協賛各社:
・(有)宇田ミート
・南部急送(有)
・(有)久政
・(有)Zen Trading
・(株)ハワイ

WSL Japan Tour Supporters
・GoPro
・ASAHI SOFT DRINKS(アサヒ飲料株式会社)
・G-SHOCK(カシオ計算機株式会社)
・ブリサマリーナ
・NewEra
・Hydro Flask

■問合せ先:WSLジャパン事務局
Email:office@worldsurfleague.jp

プラヤサーフ TEL 0599-47-0126

WSL OFFICIAL GOODS