WSL JAPAN/ASIA TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

2015 Final Day Highlights :

Pro Junior Men'sは「仲村拓久未」、Cadetは「村田嵐」が制する!

南房総県千倉(千歳ポイント)
(2015年 9月20日、日曜日)

WSL Japan Regional Tour #6、WSL Junior Tour #25『Minami Boso Junior Pro』ファイナルデーは、前日と同様に3~4 ftレンジ(オーバーヘッド~ダブル)のソリッドなパーフェクトコンディションでキックオフ。午後からはクロス・オンショアが入ってトリッキーなコンディションとなったものの、イベントを通して素晴しい台風スウェルに恵まれてFinalまでのクライマックスを迎えた。そして、ハイレベルなワールド・ジュニア・サーファーたちのエクセレントな演技が披露される中、素晴しいレールワークとエア・マニューバーの融合を魅せた「仲村拓久未」がPro Junior Men'sディビジョンの新たなチャンピオンに輝いた。そして、Cadetディビジョンでは同郷の後輩である「村田嵐」が嬉しい初のWSLチャンピオンに輝いた。

Pro JuniorディビジョンのFinalは、仲村とともに世界に日の丸を掲げ、現在は「WSL Championship tour(CT)」クオリファイを目指し、世界の「WSL Qualifying Series(QS)」シリーズを転戦するワールド・アスリートの「稲葉玲王」、このイベントCadetとの2ディビジョンにおいてFinalをメイクした「森友二」、そして関西を代表する西3兄弟の次男「西慶二郞」と言う顔ぶれとなった。

仲村は、素晴しいスピードと流れるようなレールワークに加えてハイレベルなエア・マニューバーを融合し、エクセレントな8.50ポイントをスコアし、バックアップにも7.50ポイントをスコアすると、Final序盤から大きくリードして2位以下をコンビネーション・シチュエーションに追い込む。

そして、このまま仲村の独走態勢と思われたFinal後半、世界のQSツアーで活躍する稲葉が、バリエーションの異なる素晴しいレール・トゥ・レールでのバックハンド・アタックをコンビネーションさせてエクセレントに近い7.15ポイントをスコアし、コンビネーション・シチュエーションから脱出してゲーム・オンとする。

しかし、イベントを通して際だったバックハンド・ハックのエクセレントスコアを記録してきた稲葉だったが、惜しくもバックアップ・ウェーブを見つけることができず、西と森は終始Finalゲームにおいてリズムに乗ることができずにタイムアップ。ワールド・レベルの素晴しいスキルとタクティクスを魅せた仲村が2015シーズン『Minami Boso Junior Pro』チャンピオンに輝いた。

「波はイベント中ずっと最高でした!」と、仲村は語った。「午後からオンショアが入ってトリッキーでしたが、ライトにはエアに最適なランプセクションがある良いフェイスも多くあり、みんなレベルの高いサーフィンをしていて最高に楽しいイベントでした! 僕は、Japan Regional Junior Tour初戦をUS Open出場のためにキャンセルしていたので、WJC(World Junior Champonship)クオリファイ(出場資格)の可能性は低く、このイベントでは最低でも優勝することが条件でした。この優勝で、次のWJCクオリファイできるかどうかわかりませんが、このイベントに出場するための目標は達成できたので満足しています。」

「2016 WSL WJC」クオリファイする日本代表サーファーは、2015年10月に「WSLインターナショナル・コミッショナー・オフィス」から正式に発表される。

また、次世代のワールド・ジュニア・サーファーの予備軍として構成されるCadetディビジョンでは、トリッキーのFinalにおいて最後まで多くのスコアリング・ウェーブを積極的に探し続けた村田が、Pro Junior Men'sディビジョンのFinalもメイクした強敵の森を抑え、嬉しいWSL初優勝を飾った。