WSL JAPAN/ASIA TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

2014 Final Day Highlights :

ジャパンツアー第5戦『南房総ジュニアプロ』のファイナルデーを迎える。

千葉県南房総市千歳
(2014年 9 月14日 日曜日)

2014年ASPジャパンツアー第5戦目となるジュニアイベント『南房総ジュニアプロ』は、昨日と今日の9月14日 (日曜日) の2日間、千葉県南房総市三嶋海岸(千歳ポイント)にて開催される。

今日の千葉県南房総市三嶋海岸(千歳ポイント)のイベント会場付近の天候は快晴、北東の風でサイズは胸~肩のグッドコンディションとなった。

今朝6:30のファーストコールで、「ジュニア、カデットを戦うには十分なコンディション」と言うことでコンテストディレクターASPジャパンの近江俊哉が、ファイナルデーにゴーサインを出した。

イベント公式波予報機関株式会社サーフレジェンド小川予報士は今日のコンディションを「 14日(日)も、上空の寒気を伴った気圧の谷はさらに東海上へ進みつつも残りそうですが、関東付近は高気圧に覆われる見込みなので、大きな天気の崩れはないでしょう。

引き続き、北東~東寄りのうねりがしっかりと続くでしょう。

風も朝のうちは北寄りですが、徐々に北東寄りとなり、午後には東寄りの風が吹いてきて、多少波質を落としてしまうでしょう。

両日ともに潮が少ない昼前後の時間帯には割れやすくなり、コンディションが上向いてきそうです。また、後半にかけては風の影響を多少受けてしまいがちですが、大きな影響はなさそうなので、十分なサイズの中での見ごたえのある試合となるでしょう。」と予想している。

今シーズンの「ASPジャパンジュニアイベント」は、すでに千葉県一宮町釣ヶ崎海岸(志田ポイント)において第1戦が行われており、南房総市での2戦目の開催を迎えた。

例年どおり、11月に開催される「ASP WJC(ワールドジュニアチャンピオン)」は、今シーズンは「ポルトガル」での開催となるが、このWJCへ参加する日本代表選手を選抜するにあたり、この「南房総ジュニアプロ」は非常に重要なイベントである。

2014年「ASP WJC」日本代表選手の確定基準は、昨年同様に「ASP QS世界ランキングにおける20歳以下の選手からのトップ2名」からの選抜、第1戦「Go Proジュニアゲームス」のポイント、第2戦「南房総ジュニアプロ」のポイントの総合によって決定する。

「南房総ジュニアプロ」における上位入賞獲得が、今シーズンのWJCへの重要なキーとなる。

ASPインターナショナル世界基準が刻々と変動する中、9月に発表される「ASPコミッショナーオフィス」からの閣議は、2015年におけるジュニア年齢基準は「20歳以下」となり、2016年には「18歳以下」と決定。

今後、ジュニアサーファーの年齢層は一段と若返ることになり、ASPは若年層のさらなるレベル強化を促している。

今大会、ASPジュニアイベントグレード1である「南房総プロジュニア」は、「プロジュニアU-20」、「カデットU-16」のディビジョンによって千葉県南房総にて開催。

「プロジュニアU-20」においては、「ASP WJC」日本選抜選手の6名のうち、3名の代表選手を決定する。

このジュニアディビジョンでは、「Junior Mens(ジュニア20歳以下) U-20」と、「Junior Girls(ジュニアガールズ20歳以下) U-20」において争われ、「ASP WJC」に選抜される男子6名、女子2名がセレクトされる重要な大会である。

また、「ASP Junior 1-Star」のポイントも争われ、今シーズン後半戦へのポイントゲットに向けて各選手とても重要な試合となる。