WSL JAPAN/ASIA TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

『Minami Boso Junior Pro 2018』のチャンピオンが決定!

2018/10/07

『南房総ジュニアプロ』M.B.Jのファイナルデイが開催され、各クラスのチャンピオンが決まった。前日に比べて風が強まったが、会場の千歳ポイントには2から3フィート(胸?肩)の波が押し寄せて、白熱した戦いが繰り広げられた。

U18メンズクラス、U18ウィメンズクラスともにセミファイナルからのスタートとなった。U18メンズクラスのセミファイナルでは国内外で活躍が目立つ次世代の選手たちがマッチアップした。第1ヒートでは西優司(ニシ・ユウジ)がエクセレントスコアとなる8.00ポイントと7.33ポイントをスコアしてセミファイナルでのハイエストスコアでファイナルへと進んだ。そして、古川海夕(フルカワ・ミユ)、インドネシアのワイダ・リオ、金沢呂偉(カナザワ・ロイ)といったメンバーもファイナルへと進んだ。風が強く難しいコンディションの中、ファイナルで勝負強さを発揮したのが、最年少の金沢である。ヒート中盤に大きなスプレーを飛ばしながら4つのアクションを成功させ、グッドレンジとなる7.10ポイントをマークした。ヒート終盤に古川が逆転を狙い、レフトの波をつかんだが金沢のスコアには及ばず、16歳の金沢が大金星となるプロジュニア初優勝を飾った。

930-07-Contest_View5.jpg

『ほとんどの選手が自分より年上だったのでヒートごとに、チャレンジャー精神で臨みました。今回が自分にとって初のプロジュニアでの勝利だったのでとても嬉しく思います。WJC出場に向けいいスタートを切れました。来週の伊勢試合でも頑張ります。』と彼は答えた。

930-09-Shino_Matsuda.jpg

U18ウィメンズクラスのセミファイナルは、昨年のWSLトップランカーたちが集まり、誰がファイナルに進んでもおかしくない熱い戦いとなった。西元ジュリ(ニシモト・ジュリ)、都筑有夢路(ツヅキ・アムロ)、野中美波(ノナカ・ミナミ)、松田詩野(マツダ・シノ)の4名がファイナルラウンドへと駒を進めた。

ファイナルでは序盤に4人の選手がそれぞれ5ポイント前後のスコアを揃え、上々の立ち上がりを見せた。ヒート中盤に松田がファイナルヒートのハイエストシングルスコアとなる5.87ポイントをだして1位に躍り出た。終盤までコンディションが停滞していたが、ヒート終了直前に野中がレフトの波で鋭い縦のリッピングを成功させた。しかし、逆転に必要なスコアにはわずかに及ばす松田が逃げ切り、大会史上初となる2連覇を達成した。彼女が5月に一宮で開催されたウィメンズのQS1000『GOTCHA ICHINOMIYA CHIBA OPEN』で優勝したことは記憶に新しいが、その後も積極的に海外の試合に参戦して力を伸ばしている。

930-13-Contest_View4.jpg

『私は千葉に来ると千歳ポイントでサーフィンをすることが多いです。馴染みあるポイントで、たくさん練習しているのでこのような素晴らし結果を残すことができたので嬉しく思います。来週開催される伊勢の試合でも結果を残し、WJCに参加して良い結果を残したいです。』

930-18-Soma_Hirahara.jpg

U16カデットクラスではクオーターからのスタートになり、少しハードなスケジュールとなったがファイナルまで素晴らしい戦いを見せた。ファイナルは全員がグーフィーフッターで、コンディションの変化が激しい中、どのような試合展開になるかが注目された。

このような状況下で平原颯馬が安定したサーフィンを見せた。レフトの波に焦点を当てて序盤から積極的に縦へのリッピングを披露した。2本目以降、立て続けに7.17、6.40ポイントをスコアして一気に他の選手との差を広げる。そして、ヒート終盤まで頻繁に6ポイント前後をマークして、見事優勝を果たした。

930-19-Contest_View6.jpg

『セミファイナルの後に、"ファイナルも勝ちます"と宣言していたので有言実行することができてよかったです。今大会ではレフトのよりもライトのライディング方が高く評価されていたので、ファイナルではライトの波に絞りました。次は伊勢で開催されるWSLの試合に参加する予定です。今回応援してくれた方々への感謝を忘れず、次の試合でもいい成績が残せるように頑張ります。』平原は試合後、このように答えた。

来週にはWJCへの参加をかけた『伊勢志摩プロジュニア』が開催されるのでこちらからも目が離せない!

このイベントはインターネットによるライブ放送がされました。

http://www.worldsurfleague.jp/2018/boso/index.php

下記ご協力、スポンサー各位に感謝すると共に提供されます。

主催:M.B.J Pro 実行委員会

公認:WSL Japan / Asia

協力:
 ・南房総市
 ・南房総サーフィン協会
 ・ワールドサーフィンプロモーションズ

協賛各社:
・南房総市観光協会
・宗教法人 国柱会
・渋善会
・たてやま循環器内科外科
・大道機電工業 株式会社、
・(有)スズ市水産
・介護老人保健施設 晴耕苑
・GENIUS
・保険代理店(株)トラストパートナーズ
・アサヒ飲料株式会社
・GoPro
・G-SHOCK(カシオ計算機株式会社)
・ブリサマリーナ
・NEWERA
・DOVE

協力:
・Sports Bull
・アラソアンズ

問合せ先:WSLジャパン事務局
Email:office@worldsurfleague.jp

WSL OFFICIAL GOODS