WSL JAPAN TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

LQS1,000イベント「Trump Onjuku Logger Pro」メンズがピッコロ・クレメンテが優勝、ウィメンズは地元、吉川広夏が優勝!!

千葉県御宿町
(2017年 11月12日、日曜日)

11月12日は前日からのオフショアが強く影響し波のサイズは格段に下がり、テクニカルな勝負を余儀なくされるコンディションとなった。

前日のエクセレントコンディションとは全く変わり北東のオフショアが強まりスモールなコンディヂョンで迎えたファイナルデーは、ウィメンズのラウンド1からスタートした。

今日の{Trump Onjuku Logger Pro」晴天のもとロングボードには最適なセットアップとなった。

迎えたメンズクォーターファイナルでは、4強に立ち向かうベテランのローカルロガーユージンテールがスタイリッシュなノーズライドを見せ、安定した試合運びでここまで海外の選手を脅かしてきた浜瀬海、そして今後の活躍が非常に楽しみな新星ロガーの井上タカと地元のホープ岡田キョウヘイがセミファイナルへ勝ち上がった。

ベスト8が出揃ったセミファイナルの第1ヒートでは、ハワイからのエントリーでひときわ目立つ風貌でハワイアンスタイエウを完全に伝承するカニエラ・スチアートがノーズライドからのヘリコプター360°を繰り出し、強力なバックハンドとノーズライドで存在感を見せつけるテイラー・ジャンセンがファイナルへ勝ち上がった。

第2ヒートでは、スモールウェーブを最大の武器に完璧なハングテンを見せつけた元ワールドチャンピオンのピッコロ・クレメンテが、トニー・サバー二とノーズ合戦を切り返し圧倒的な戦いでファイナルへ勝ち進んだ。

ウィメンズラウンドは、新旧の混戦を勝ち抜いた地元の吉川とペルーからエントリーのマリア・フェルナンダ、小山みなみ、小高けいこがファイナルへ勝ち上がった。

07-Hiroka-Yoshikawa_2922.jpg

迎えたファイナルでは、小山が6.50と5.93をメイクしてトータル12.43として、名実ともにナンバーワンロガーの地元吉川に迫った、ファイナルでは軽快にポイントを重ねる吉川は6.33と6.33のダブルスコアで12.66として10.07のマリア・フェルナンダ、8.07の小高を抑えて地元での嬉しい優勝に輝いた。

今シーズン最強なファイナルを迎えたLQS「Trump Onjuku Logger Pro」2017年のファイナルは昨年の日向大会での勝利者トニーに対して2015年のワールドチャンピオン、ピッコロ・クレメンテが最強なハングテンを容赦なく連打してきた。

クレメンテのスコアは8.33とバックアップを7.50としてトータル15.83、それを追いかける若手ハワイアンのカニレア・スチアートが7.33と6.67のトータル14.00とせまり、13.06のトニー・サバー二、12.13のテイラー・ジャンセンを最後まで振り切り貫禄の勝利を収めた。

最新公式イベント・ステータスについては、WSL JAPANのホームページトップの中央「最新トピックス」又は、WSL JAPANオフィシャルツイッターを注意して確認してください!!

http://www.wsljapantour.com/

このイベントはインターネットによるライブ放送されます。直接会場にお越し出来ない方は、毎朝X時に放送される「モーニングシュー」を含めたインタ-ネットライブ中継をお楽しみ下さい。

イベント公式ページは、http://www.worldsurfleague.jp/2017/trump/ からどうぞ!

「Trump Onjuku Logger Pro」は、下記スポンサー各位に感謝すると共に提供されます。

主催:
・WSLジャパン

特別協賛:
・TRUMP WETSUITES

後援:
御宿町

協賛各社:
・アサヒ飲料株式会社
・G-SHOCK(カシオ電算機㈱)
・GoPro
・ Hydro Flask
・New Era

協力:
・ワールドサーフィンプロモーションズ

■問合せ先:WSLジャパン事務局
Email:office@wsljapantour.com