WSL JAPAN TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

QS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2017」Day 2は、6:15からラウンドオブ128のヒート9から再開され、16ヒート終了後にネクストコール13:00となる。

神奈川県藤沢市、湘南海岸
(2017年 7月11日、火曜日)

2017年WSLアジアツアージャパンレッグのメンズ1,500イベント「MURASAKI SHONAN OPEN 2017」は7月10日のウェイティング期間からスタートしそうなコンディションが期待できそうだ。開催期間は7月17日の月曜日(海の日)までの8日間となる。

朝6時のファーストコールから6時15分にラウンド128の9ヒートから再開した「Murasaki Shonan Open」は16ヒートまでを一旦終了した。

南風のふき具合と、大潮周りの中潮干潮時が12時15分ということで競技は一時休憩に入り午後の潮の満ち込みを待ってラウンド96へ進む予定となった。

Day2の朝の波のコンディションは、南寄りのオンショア風が4から5メートルで、腰から腹サイズでのイベントがスタートとなった。

第9ヒートには、2014年のイベントチャンピオンマツシタ・リョウタが6.50と6.25のコンビネーションで12.75ポイントをマークした。10ヒート目から風が少し弱まり波の数も減り始めスコアが伸びなくなり始めた。そんな中でカンダ・リュウセイは4.50と3.25のトータルスコア7.75でラウンド96へ勝ち上がった。この状況で11ヒートのケフ・バトラーは極めつけの波を見つけ7.00ポイントを叩き出しバックアップスコアを5.00とし、トータル12.00ポイントで次のラウンドに勝ち上がった。

続く12ヒートでは、ササコ・ナツキとマツモト・コアのポイントバトルの結果ササコが5.00と4.15のトータル9.15ポイントで5.75と2.70にしたトータル9.05のマツモトと共にこのラウンドを勝ち上がった。

13ヒート目はベテランのオガワ・ユキオとマツオカ・ケイトに若手アップカマーのヒラハラ・ソウマが対決、コナミのコンディションでもしっかりとスコアメイクを決めるベテランに若手ジュニアがスコアメイクに手こずる結果となった。

このヒートでオガワは4.40と3.20のトータルスコア7.60でラウンド96へ勝ち進んだ。

その後スコアをまとめてゆくのが難しいコンディションのなか第14ヒートにはカナオ・レオが5.00と4.00ポイントをメイクしてトータル9.00ポイントで2位のミウラ・リョウ5.00+3.50ポイントトータル8.50と共にラウンド96へ進んだ。15ヒートには久しぶりにQS大会に登場してきたタカハシ・ケントがこのコンディションの中で6.75と5.50をメイクしてトータル12.25とハイスコアで次のラウンドに勝ち上がった。

ラウンド128の最終ラウンド16ではインドネシアからエントリーしてきたコマン・ハーマワンが4.00と3.80でトータル7.80で2位、マツノ・アキトが4.50と3.70のトータル8.20で1位となり共にラウンド96へ勝ち上がりをきめた。

071101_Ryo_Miura.jpg
Ryo Miura

071102_Reo_Kanao.jpg
Reo Kanao

071103_Yukio_Ogawa.jpg
Yukio Ogawa


071104_Souma_Hirahara.jpg
Souma Hirahara

071105_Koa_Matsumoto.jpg
Koa Matsumoto


071106_Natsuki_Sasako.jpg
Natsuki Sasako

071107_Te_Kehukehu_Butler.jpg
Te Kehukehu Butler


071109_Ryusei_Kanda.jpg
Ryusei Kanda

KaoriandNao.jpg
Kaori & Nao

この後午後13:00にネクストコールされ13:30頃からラウンド96がスタートする予定。

このイベントはインターネットによるライブ放送されます。直接会場にお越し出来ない方は、毎朝放送される「モーニングシュー」を含めたインタ-ネットライブ中継をお楽しみ下さい。

イベント公式ページは、http://www.worldsurfleague.jp/2017/shonan/ からどうぞ!

「MURASAKI SHONAN OPEN 2017」は、下記スポンサー各位に感謝すると共に提供されます。

主催:
・湘南オープン実行委員会

特別協賛:
・株式会社ムラサキスポーツ

後援:
・藤沢市 / 株式会社湘南なぎさパーク

協賛各社:
・日産自動車株式会社
・ハーリー
・STARTER
・PUMA
・クリスタルガイザー
・Abema TV
・BODY WILD
・NIXON
・GoPro
・BILLABONG
・Corona Beer
・Dickies
・ELECTRIC
・EMU
・G-SHOCK
・KUSTOM
・Majestic
・OP
・PRWSHARE
・QUIKSILVER
・Royal
・SALACS
・SKullcandy
・STRIDER
・SUN BATH
・VISSLA
・アサヒ飲料株式会社

・駅すぱあと
・Odakyu
・東京スポーツレクリエーション専門学校
・江ノ電
・SURFRIDER FOUNDATION
・JPBA
・WORLD SURF LEAGUE

■問合せ先:WSLジャパン事務局
〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-17-1-117
電話:0466-30-2888 FAX: 0466-30-2889
Email:office@wsljapantour.com