WSL JAPAN TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

QS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2017」13:30から上げ潮の時間を見極めラウンドオブ96のヒート1から8が行われ、激しいバトルとなる。

神奈川県藤沢市、湘南海岸
(2017年 7月11日、火曜日)

12時半に干潮を迎え潮の満ち込みを待ち、13時30分からラウンド96の第1ヒートが再開した。この時点での波のコンディションは、南寄りのオンショア風が強まり6メートル強で、サイズが少しアップし始めテからの再スタートとなった。

ラウンド96の第1ヒートには、ベテランのツジ・ユウジローがオーストラリアからのセカンドシード、キース・ジョニーを迎え撃つ戦いとなった。前半5.75をマークしてリードをしたツジは4.80のバックアップスコアでトータル10.55ポイント、キースは後半から巻き返しの5.25と6.00でトータルスコア11.25ポイントとして1位で明日以降のラウンド64へ勝ち上がった。

071153_Johnnie_Keith.jpg
Johnnie Keith

071152_Yujiro_Tsuji.jpg
Yujiro Tsuji

071154_Kaisa_Kawamura.jpg
Kaisa Kawamura

2ヒートでは、地元の中堅カワムラ・カイサとジュニアのアップカマー、フジヌマ・ケイタロー、アワダ・ナル、タナベ・クスマとのバトルは、フジヌマが前半から軽やかに飛ばし、4.40と後半に7.50をメイクしてトータル11.90で他を引き離した。冬のノースショアで大活躍のカワムラはスモールな地元のコンディションでも5.25と6.00をマークし、トータル11.25で明日のラウンド64へ勝ち上がった。

第3ヒートでは現在WSL Asiaリージョナルランキング1位のニシ・ケイジローが登場し安定したサーフィンを披露した。ケイジローはこのヒートで6,40と7.25というコンビネーションでイベントハイスコアを更新した。続く第4ヒートでは、さらにイベントハイスコアを更新したのがツカモト・ユウタの素晴らしいサーフィンが6.75と8.00のコンビネーションで15.00を記録した。

ヒート5ではスコアがあまり伸びず奄美大島のマキノ・ダイチが5.40と4.20のトータル9.35で勝ち上がった。第6ヒートではカリフォルニアからこの大会に初めて参戦の日系人ケイ・コバヤシがキープビジーな作戦でやはりハイスコアとなる7.75と6.25メイクしてトータル14.00ポイントで明日へ勝ち上がった。試合後にコバヤシは「今回が初めての参戦です、湘南のオンショア波はとてもむずかしいです。でも楽しくサーフィンが出来たのでぜひ優勝して1500ポイントをゲットしたいです」と語った。

071155__Kaisa_Kawamura.jpg
Kaisa Kawamura

071156_Keitaro_Fujinuma.jpg
Keitaro Fujinuma

071157_Keijiro_Nishi.jpg
Keijiro Nishi

071158_Kei_Kobayashi.jpg
Kei Kobayashi

7ヒートに登場したアヅチ・ジョーは前半スロースタートで始まったもののインドネシアのプトラ・ダーマの追い上げられると後半に7.25ポイントをゲットしてバックアップの4.50を合わせ11.75ポイントで11.75のダーマと共に明日のラウンド64へ駒を進めた。

このヒート2位で勝ち上がったインドネシアのプトラは「初めての日本はとても楽しいです、日本の食事がとても美味しくエンジョイしています。気温もバリと同じぐらいで少し風が涼しいけれど大好きです。今のヒートではオンショアのスモールウェーブは良い波を選んで乗るのがとても難しく大変でした。この大会に優勝したいです」と語った。

1位通過のアヅチは、「前半少しスリースターとで波を待っていましたが、ダーマに逆転されて少し焦りましが、その後に自分の期待した波に乗れたので落ち着いて戦いました」と語った。

本日の最終第8ヒートでは、ハワイから参戦のカイ・マツモトが落ち着いた試合運びでじっくりと良い波を待ち11.65ポイントでラウンド3(R64)へ勝ち上がったから風が少し弱まり波の数も減り始めスコアが伸びなくなり始めた。そんな中でカンダ・リュウセイは4.50と3.25のトータルスコア7.75でラウンド96へ勝ち上がった。この状況で11ヒートのケフ・バトラーは極めつけの波を見つけ7.00ポイントを叩き出しバックアップスコアを5.00とし、トータル12.00ポイントで次のラウンドに勝ち上がった。

071159_Keijiro_Nishi.jpg
Keijiro Nishi

071161_Darma_Putra.jpg
Darma Putra

071150_Sea-Eagle.jpg
Sea Eagle

071160_Girls.jpg
Shonan Girls

このイベントはインターネットによるライブ放送されます。直接会場にお越し出来ない方は、毎朝放送される「モーニングシュー」を含めたインタ-ネットライブ中継をお楽しみ下さい。

イベント公式ページは、http://www.worldsurfleague.jp/2017/shonan/ からどうぞ!

「MURASAKI SHONAN OPEN 2017」は、下記スポンサー各位に感謝すると共に提供されます。

主催:
・湘南オープン実行委員会

特別協賛:
・株式会社ムラサキスポーツ

後援:
・藤沢市 / 株式会社湘南なぎさパーク

協賛各社:
・日産自動車株式会社
・ハーリー
・STARTER
・PUMA
・クリスタルガイザー
・Abema TV
・BODY WILD
・NIXON
・GoPro
・BILLABONG
・Corona Beer
・Dickies
・ELECTRIC
・EMU
・G-SHOCK
・KUSTOM
・Majestic
・OP
・PRWSHARE
・QUIKSILVER
・Royal
・SALACS
・SKullcandy
・STRIDER
・SUN BATH
・VISSLA
・アサヒ飲料株式会社

・駅すぱあと
・Odakyu
・東京スポーツレクリエーション専門学校
・江ノ電
・SURFRIDER FOUNDATION
・JPBA
・WORLD SURF LEAGUE

■問合せ先:WSLジャパン事務局
〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-17-1-117
電話:0466-30-2888 FAX: 0466-30-2889
Email:office@wsljapantour.com