WSL JAPAN/ASIA TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

ジェシー・メンデスが日本でQSのリードを不動のものに!

ICHINOMIYA CHIBA OPEN Powered by GoPro

ジェシー・メンデスが日本でQSのリードを不動のものに!

2017年5月27日

20170529-01.jpg
Jesse Mendes chaired to victory at Shida Point. © WSL / STEVE ROBERTSON

ジェシー・メンデスと川合美乃里が2017年のGotcha Ichinomiya Chiba Open-Men's powered by GoProを制した。試合最終日となった日曜日、エピックな観客が詰めかける志田は2ftのクリーンなピークのコンディションだった。メンデスも川合もともに2018年のエリートチャンピオンシップツアー入りを果たすための貴重な勝利を勝ち取った。

今大会QS6000のファイナルでジェシー・メンデスが対戦した相手はオーストラリア出身のクーパー・チャップマンだった。メンデスはパワフルで素早いトップからボトムのバックハンドターンで試合開始早々に9.33というエクセレントポイントを叩き出すなと、試合を終始リード。チャップマンはエアリアルなどを駆使し、ミドルレンジのスコアで、そのリードを少しづつ切り崩していくも、最終的なメンデスとの差は、トータルスコア16.16に対して14.06ポイントだった。

メンデスはこの勝利で、QSランキングにおいて2位の大原洋人との差を、なんと8000ポイントまで広げ、2018年のエリートツアーへのクオリファイをほぼ手中に収めた形だ。

20170529-02.jpg
Jesse Mendes was a standout all event as he moves 8000 points clear on top of the QS rankings. © WSL / STEVE ROBERTSON

メンデス「今シーズンは3回ファイナルまで進出して2回優勝しています。とてもいい成績だと思うけど、休む気はありません。ますます飛ばしていい成績を取りに行くつもりです。どんなチャンスも逃したくないんです。まだまだ大事な戦いは続きます」。

チャップマンにとっても2位という成績は自身最高のリザルトだ。その結果、QSランキングは5位にまで浮上。来年のクオリファイが見えてきた。

20170529-03.jpg
This was a career-best result for Aussie Cooper Chapman. © WSL / STEVE ROBERTSON

チャップマン「いい結果を残せました。決勝では勝つことができなくて残念だったけど、ここまで勝ち抜くことが出来てよかったと思っているし、5位にまでランキングを伸ばせたこともよかったです」。

大原洋人は今大会の成績を踏まえ、QSランキング9位から4つジャンプアップし、一気に2位に浮上した。

一方QS3000のウィメンだが、ファイナルは日本人同士の戦いとなった。16歳の川合美乃里は同胞の黒川日菜子と決勝でぶつかる。試合終了5分で彼女は6.83ポイントのベストライドをみせ、優勝。この結果、川合も黒川もウィメンのQSランキングを上げ、23位と27位につけたのだった。

20170529-04.jpg
Sixteen-year-old ripper Minori Kawai taking the biggest win of her career. © WSL / STEVE ROBERTSON