WSL JAPAN TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

2010 Flashback "JAPAN TOURにグロムクラスが初登場"

宮崎県、日向市、小倉ヶ浜海岸
(2010年 10月 9日、土曜日)

選手とコーチ役が一緒に海へパドルアウトして戦う、12歳以下の「グロムクラス」。

今回マリブ日向プロには、11名の選手とコーチ役がエントリー。

ダブルサイズのグッドウエーブの中、コーチ役と一緒に選手はパドルアウト。

少しハードに見えたが、そこはコーチが一緒で問題なし。

いざヒートが始まると、グッドライディングがいくつも見られ、会場のギャラリーからは、多くの歓声で沸いていた。

その中のコーチ役には、世界のビッグウェーバー脇田貴之選手の姿も見られた。

脇田選手は、WQSに出場しながら、グロムクラスのヒートでは、自分の子供のコーチ役として海へ向かう姿がみられた。

「12歳以下の時からWQS選手と同じレギュレーション等で戦うなど日本の将来のジェネレーションを考えると非常に意味の高いコンテストである」と脇田貴之が答えてくれた。

naru-awada_Q2H3976.jpg
粟田 生(アワダ・ナル)

taichi-wakita_Q2H3941.jpg
脇田 泰地(ワキタ・タイチ)

riaru-ito_Q2H3994.jpg
伊東 李安琉(イトウ・リアル)

kota-iida_Q2H3879.jpg
飯田 航太(イイダ・コウタ)

kota-and-kaori_Q2H4013.jpg
飯田 航太(イイダ・コウタ)、コーチ役の間屋口 香(マヤグチ・カオリ)

grom_Q2H4548.jpg
左から、優勝:飯田 航太、2位:伊東 李安琉、3位:脇田 泰地、4位:粟田 生