WSL JAPAN TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

Day 4でメンズのベスト8、ウィメンズのベスト4が明日のグランドファイナルへ進む!!

愛知県田原市、赤羽海岸
(2016年 7月23日、土曜日)

2016年WSLジャパンツアーのメンズ1000イベント、JPSAとの共同開催「夢屋サーフィンゲームスTAHARA OPEN presented by BLUE ECO 2016」の第4日目は、弱いオンショアのハイタイドなコンディションでの中、再び腰から胸(2-3フィート)の波となり、メンズラウンド32と16マネーラウンドにヒットした。

愛知県田原市赤羽海岸(太平洋ロングビーチ)で朝7時30分のファーストコールの後、7時45分にメンズラウンド32の1ヒートからスタートし8ヒートを終了後に、メンズのラウンド16の4ヒートが行われた。

そしてウィメンズのラウンドクォーターファイナルも行われた。

メンズのラウンド16第1ヒートに登場した大野修聖は8.90と4.75トータル13.65、第2ヒートのアラン・ドラドは8.25と6.90トータル15.15のラウンドハイスコアをマークし、第4ヒートの仲村拓久未は7.65と6.15のトータル13.85のラウンドセカンドベストスコアを記録した。

5日間のウェイティングピリオドを最大限に活用しメンズ168人フォーマットとウィメンズ48人フォーマットで展開する。


「夢屋サーフィンゲームスTAHARA OPEN presented by BLUE ECO 2016」はイベントを通してインターネットでライブ中継されます。詳細は下記公式サイトを参照願います。

http://www.worldsurfleague.jp/2016/tahara/index.php

■問合せ先:WSLジャパン事務局
〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-16-2
電話:0466-30-2888 FAX: 0466-30-2889
Email:office@worldsurfleague.jp