WSL JAPAN TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

QS1000イベント「夢屋サーフィンゲームスTAHARA OPEN」のDay 2はメンズ、ウィメンズのラウンド2へと進む!!

愛知県田原市、赤羽海岸
(2016年 7月21日、木曜日)

2016年WSLジャパンツアーのメンズ1000イベント、JPSAとの共同開催「夢屋サーフィンゲームスTAHARA OPEN presented by BLUE ECO 2016」の第2日目は、クリーンなオフショアコンディションでの中、腰から胸(2-3フィート)の波でウィメンズラウンド2、メンズラウンド2および3が行われた。

満月の大潮を迎えた愛知県田原市赤羽海岸(太平洋ロングビーチ)は朝6時のファーストコールの後、6時15分に昨日の最終ヒート後に残っていたウィメンズラウンド2の5ヒートからスタートし4ヒートを終了後に、メンズのラウンド3へと展開した後の7時間をかけて再びウィメンズのラウンド3が行われ28ヒートが今日すべて終了した。

Day2の最もエキサイティングなヒートはウィメンズのラウンド3第4ヒート目に登場した若干13歳の松田詩野(マツダ・シノ)がパーフェクト10を記録する華麗なライディングを披露して観客を驚かせた。

今後Day3以降週末にかけて会場の波のコンディションをモニタリングしながら週末のファイナルデーに向けて展開してゆくことになる。

オフィシャル波情報サイトの「波伝説」の予想によると「明日の22日(金)?24日(日)にかけての気圧配置は、千島付近に中心を持つ高気圧に覆われた状態が続く予想。風と波は明日22日(金)には、沖合を中心に東?南東寄りの風が次第に強まり、午後は沿岸でも強めに吹く予想。

周期の長い南東寄りのうねりが続き、午後にかけて風波が混じりつつ多少のサイズ変化があっても波質はダウン傾向。

●想定サイズ 前半:腰たまに腹 後半:腰?胸」と言うことだ。

5日間のウェイティングピリオドを最大限に活用しメンズ168人フォーマットとウィメンズ48人フォーマットで展開する。


「夢屋サーフィンゲームスTAHARA OPEN presented by BLUE ECO 2016」はイベントを通してインターネットでライブ中継されます。

詳細は下記公式サイトを参照願います。

http://www.worldsurfleague.jp/2016/tahara/

■問合せ先:WSLジャパン事務局
〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-16-2
電話:0466-30-2888 FAX: 0466-30-2889
Email:office@worldsurfleague.jp