WSL JAPAN TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

Ichinomiya Chiba Openが幕をあける!

6e2a73e60bb2b37c2c2a51b009d.jpg

2016年5月23日 月曜日

日本でWSLのビッグイベントが行われるのは3年ぶりこと。この日、Ichinomiya Chiba Openの初戦がいよいよスタートし、2から3ftのビーチブレイクというコンディションの志田下では、メンズラウンド1と2に出場した選手たちが信じられないパフォーマンスを見せてくれた。

今年行われたAustraliasia Junior Qualifying (JQS) を引き合いに出してみるに、イーサン・ユーイングはQSイベントにフォーカスしている。このオーストラリア出身の若きサーファーは今イベントにおいて最初のヒートに全神経を費やさなければならなかった。なぜならその相手は現ジュニアワールド王者であるルーカス・シルベリアだったのだから。この2人の非凡な才能の持ち主は、一か八かのチャレンジを繰り返したが、軍配があがったのはイーサンであった。

fed844767adfefd7778d1aaa18b.jpg

イーサンは試合後こう感想を語った。「僕の経験の中で最も大きなイベントの一つです。ルーカスは手強い相手だったので正直ヒート前はナーバスになっていました。だから僕は自分のしたいサーフィンをしようと思ったんです」。そして彼はこう締めくくった「JQSが終わった今、これらの大きなQSイベントにフォーカス出来るので嬉しいです。」

ハワイ出身のトリー・マイスターが見せたありとあらゆる手段は素晴らしいパワーを兼ね備えた深いものだった。そしてその革新的なサーフィンはラウンド3でも彼に勝利をもたらしてくれるだろう。マイスターの素晴らしいテクニックによるアリウープエアリアルはエクセレントスコアの8点をつけ、試合をひっくり返した。

c95275a7a66772a23b549402326.jpg

「一か八かだったんだ。波の上にうまく降りることができて、さらにターンを入れるセクションがあったのはとてもエキサイティングだったよ」。マイスターは続けた。「日本に来るのは10年ぶりだったから、戻ってくることができてとてもストークしてるよ」。

イタリア出身のレオナルド・フィオラヴァンティはCTイベントの2戦の後、現在QS一位のリードを守るため、再びこの舞台に戻ってきた。この若きイタリアンセンセーションは二つの強烈なパワーターンでエクセレントの8.83ポイントをつけ、トータルスコア16.63でこのヒートを圧倒した。

cf8e398e19f7d47a007bf261cf3.jpg

「僕にとって一番重要なことはQSなんです。だからどのインベントも違いなく力を果たすつもりです」。フィオラヴァンティは続けた。「CTイベントを通じて、QSでいいスコアーを出すことが、CTでもいい結果につながるということを確信しました。だからこのヒートは本当にストークしたんです」。

ブラジル出身のヤゴ・ドラは、なぜ彼がこの世界でもっともエキサイティングなサーファーの1人として名を馳せているのかを、19.17というトータルポイントをもって証明してみせた。ドラは最初の波で大きなフルローテーションのフロントサイドエアリバースで9.5をつけた。さらにその後、二つの強烈なターンで9.67を叩き出したのだ。

8bd8fcc8d42cb08ab82013a4747.jpg

「とても楽しかったよ」。ドラは語る。「最初のエアーをメイクして勝利を確信したよ」。「沖へパドルアウトした時、波のブレイクが速かったからエアーしかないと思ったんだ」。

林健太は、初日のこの日もっともいい結果を残した日本人の選手の1人だった。林は志田での経験を生かし、ローカルトライアルを通過し、本戦への出場を果たした。林はいくつもの波でエアーを決め、トータル10.37ポイントでラウンド3進出を決めた。

e078f7a950c4b32754ff39d3d05.jpg
「今日の志田の波はとてもトリッキーでした」。林は続けた。「ここでの経験は僕にとって有利だと感じていました。トライアルから本戦へ上がれ、そしてラウンド3へ進めるというのは嬉しいですね。大きなイベントが日本に戻ってきたこと、そして海外の選手を身近で見ることはこの国のサーフィンにとってもいいことだと思います」。