WSL JAPAN TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

WSLジャパンツアー第7戦「TRUMP Hyuga Pro」初日の今日は、QSメンズ、LQSメンズの高レベルな戦いが繰り広げられた。

宮崎県日向市小倉ヶ浜海岸
(2016年 10月7日、金曜日)

2016年のWSLジャパンツアー第7戦目となるQS、LQSイベント「Trump Hyuga Pro」が10月7日(金)から 10月10日(月)4日間で、宮崎県日向市お倉が海岸で開催される。

初日の今日は、波のコンディションが早朝には腰~腹(1~1.5m)で時間がたつにつれ倍にサイズアップし、午後には肩~頭(2m)サイズになった。

6:30amにファーストコールがされ、6:45amからQSメンズラウンドオブ80からスタートした。ラウンド1となる初めから数多くのレイトエントリー選手が登場し、高レベルな戦いが繰り広げられた。

ラウンド1ヒート2では、堀越 力が8.50と6.75のスコアでトータル15.25ポイントをこのラウンドのハイスコアを記録し、次のラウンドオブ64へ勝ち上がった。ラウンド2となる、次のラウンド64では、立て続けにハイスコアが記録された。

ラウンド2ヒート1では、昨年の全米オープン覇者、大原洋人がいきなり9.60と8.30のエクセレントスコアを連発し間違えなくこのラウンドのハイエストスコアを記録した。

ヒート9では大原と同じく凱旋帰国のために戻った新井洋人が7.50と7.00トータル15.50のサードハイスコアを記録。

続くヒート10ではワイルドカードで登場した加藤 嵐が8.50と7.10トータル15.60のセカンドハイスコアを決めた。

LQSメンズラウンド1では、世界最高峰のロングボーダーが続々と登場しロングボードサーフィンにあまり詳しくないギャラリーまでを興奮させるほどのスパーサーフィンを披露した。

ラウンドオブ32となるこのラウンドのヒート4では、トニー・シルバー二が8.50と8.00のエクセレントコンビネーションで、トータルスコア16.50ハイエストポイントとし、次のヒート5ではテイラー・ハンセンが の8.25と8.00トータル16.25のセカンドハイスコアを決めて明日以降のラウンド2へコマを進めた。

明日のファーストは6:30am すべてのクラスがスタンバイとなる。

エキジビジョンマッチとして、「Trim & Glide」シングルフィンセッションも開催される。

このイベントはインターネットによるライブ放送されます。

このイベントはインターネットによるライブ放送されます。

直接会場にお越し出来ない方はインタ-ネットライブ中継をお楽しみ下さい。

イベント公式ページは、http://www.worldsurfleague.jp/2016/hyuga/ からどうぞ!

下記ご協力、スポンサー各位に感謝すると共に提供されます。

主催:WSL日向実行委員会
公認:WSL Japan
協力:日向サーファーズ、延岡サーフィン連盟
後援:日向市、日向市観光協会、日向市商工会

協賛:TRUMP WETSUITS
協賛各社:㈱あくがれ蒸留所、黒木鉄工所

WSL Japan Tour Supporters:
GoPro
ASAHI SOFT DRINKS(アサヒ飲料株式会社)
波伝説(サーフレジェンド)
G-SHOCK(カシオ計算機株式会社)
Luli Luli Bikinis
Madson of America
NewEra

■問合せ先:WSLジャパン事務局
Email:office@worldsurfleague.jp