WSL JAPAN TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

WSLジャパンツアー第7戦「TRUMP HYUGA PRO」のDay2は、LQS、QS、すべてのディビジョンがファイアリングした1日となる。

宮崎県日向市小倉ヶ浜海岸
(2016年 10月8日、土曜日)

2016年のWSLジャパンツアー第7戦目となるQS、LQSイベント「Trump Hyuga Pro」が10月7日(金)から 10月10日(月)4日間で、宮崎県日向市お倉が海岸で開催されている。

2日目の今日は、波のコンディションも昨日同様に肩~頭(2m)サイズになった。6:30amにファーストコールがされ、6:45amからLQSメンズラウンドオブ32からスタートした。

LQSのラウンド1は昨日ヒート1をスキップしたために、ヒート1から始まり、続いて5から8ヒートがオープンした。

世界最高峰のロングボーダーたちが集結した今大会では、目を見張るエクセレントライディングが続出した。

そのままラウンド2(Round of 16)に進みヒート4ではハワイのニールセン・アヒナ3世が9.50のベストスコアとバックアップに8.10とエクセレントなトータルスコア17.60をマークして明日以降のセミファイナルへコマを進めた。

news_day2_08212_lqs_womens_hiroka_yoshikawa.jpg

LQSウィメンズのラウンド1(Round of 32)のヒート8では、日本を代表するノーズトリマー吉川広夏が8.25のエクセレントとバックアップスコアに7.50のトータル15.75でこのクラスのベストスコアで次のクォーターファイナルへ勝ち上がった。

午後のラウンドではQSメンズのラウンド3(Round of 32)が始まりサイドオフショアの良好なコンディションとなり、数多くのエクセレントスコアが飛び出した。

08241_qs_mens_reo_inaba.jpg

ヒート8に登場した稲葉玲王は9.75とイベントハイエストスコアをたたき出しバッツクアップスコアに9.50を加えトータルスコアでもイベントハイスコアとなる、19.25と記録した。

「プライオリティーをもっていない状態で手前のセクションで待っていたところにちょうどいい波が来たので向かい風を感じながらアーリーループを仕掛けたら見事決まったので確実にグッドスコアが来ると思いました。2本目のバックアップはプライオリティーを持っていたのでいい波をじっくり待ちました。今日のQSのラウンドは午後に波がサイズアップしてコンディションがよくなってきたのでラッキーです。日向は食べ物も美味しいし波もいいので言い感じです。明日も言いサーフィンが出来るようにがんばります。」

news_day2_08245_qs_womens_kana_nakashio.jpg

今日初のラウンドがスタートした、QSウィメンズラウンド1(Round of 24)ではヒート1に登場した最年少サーファーの中塩佳那が9.00のエクセレントとバックアップ6.50のトータル15.50ポイントで明日のクォーターへ勝ち上がった。

明日のファーストは6:30am すべてのクラスがスタンバイとなる。

エキジビジョンマッチとして、「Trim & Glide」シングルフィンセッションも開催される。

※毎年、日向プロ恒例の「あくがれ日向プロティームチャレンジ」も行われます。

このイベントはインターネットによるライブ放送されます。

直接会場にお越し出来ない方はインタ-ネットライブ中継をお楽しみ下さい。

イベント公式ページは、http://www.worldsurfleague.jp/2016/hyuga/ からどうぞ!

下記ご協力、スポンサー各位に感謝すると共に提供されます。

主催:WSL日向実行委員会
公認:WSL Japan
協力:日向サーファーズ、延岡サーフィン連盟
後援:日向市、日向市観光協会、日向市商工会

協賛:TRUMP WETSUITS
協賛各社:㈱あくがれ蒸留所、黒木鉄工所

WSL Japan Tour Supporters:
GoPro
ASAHI SOFT DRINKS(アサヒ飲料株式会社)
波伝説(サーフレジェンド)
G-SHOCK(カシオ計算機株式会社)
Luli Luli Bikinis
Madson of America
NewEra

■問合せ先:WSLジャパン事務局
Email:office@worldsurfleague.jp