WSL JAPAN TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

WSLジャパンツアー第7戦「TRUMP Hyuga Pro」のファイナルデーは、予想どおりのスーパーステージとなった。

宮崎県日向市小倉ヶ浜海岸
(2016年 10月10日、月曜日)

2016年のWSLジャパンツアー第7戦目となるQS、LQSイベント「TRUMP Hyuga Pro」が10月7日(金)から 10日(月)4日間で、宮崎県日向市小倉ヶ浜海岸で開催されている。

news_1001_hyuga.jpg

ファイナルデーは、快晴となり波のコンディションは前日と同じく肩~頭(2m)サイズで、6:45amにファーストコールがされ、7:00amからQSメンズSFからスタートした。

news_1035_qs_mens_hiroto_ohhara.jpg

いま日本でもっと注目されているサーファー大原洋人(昨年の全米オープン覇者)が8.50のエクセレントと7.00をだしトータル15.50で1位通過、村上舜は8.00と7.35のトータル15.35の僅差で2位通過しファイナルへ駒を進めた。

news_1010_qs_mens_naoto_takanashi.jpg

第2ヒートではここまで快進撃で勝ち進むベテラン高梨直人が7.50と6.10の13.85と昨日最高得点を出した稲葉玲王は6.25、5.60のトータル11.85でファイナルに駒を進めた。

news_1046_qs_womens_reika_noro.jpg

QSウィメンズのセミファイナルは、第1ヒートで今シーズン急成長をし続ける松田詩野が 8.50と4.90トータル13.40でファイナルへ、2位には海外ツアーから一時帰国の野呂玲花が6.75と4.00のトータル10.75で、ファイナルへ駒を進めた。

news_1020_qs_womens_minori_kawai.jpg

news_1047_qs_womens_sara_wakita.jpg

続く第2ヒートで川合美乃里がエクセレントを連発し9.50と9.00で18.50のハイエストスコアでフィナルへ2位の脇田紗羅6.50と6.00のトータル12.50とともにファイナルへ勝ち進んだ。

QSメンズのファイナルは25分ヒートで開始早々大原がスピードのあるエアリアルで仕掛けたがインコンプリートとなり、高得点にはつながらなかった。

「他の3人がみなグーフィースタンスなので、ヒートの早い段階でかなり難易度の高いエアーを決めれば試合の流れを奪うことができると思いました。結果ながれが悪くなってしまった」と大原がファイナル後に語った。

昨日ビックなエアーを決めて会場を沸かした稲葉が今ファイナルでもアドバンテージを取って7.50と7.50の2本をもち前半の試合をキープした。

news_1094_qs_mens_shun_murakami.jpg

それに対して確実に角度のあるターンで高得点を狙う村上舜は前半に8.00と後半に7.90をメイクしトータル15.90で稲葉の15.00から逃げ切り、見事優勝をした。

news_qs-womens-shino-matsuda_C2A7650.jpg

QSウィメンズのファイナルでは、レギュラー対グーフィーに2人ずつ別れたがグーフィーの野呂がリードする中7.15と4.70トータル11.85に対して同じくグーフィーの松田詩野がじわじわ追い上げ6.75とバックアップを5.5としてータル12.75ポイントで優勝をもぎ取った。

朝から昼にかけて潮が満ちこんでくるなかLQSのウィメンズもファイナルを迎えた。

news_lqs-womens-rachael-tilly_C2A7908.jpg

2015年のロングボードワールドチャンピオンレイチェル・ティーリーが断トツな強さと華麗なフットワークを披露し、8.25とバックアップスコア7.25のトータル16.00ポイントとした若干18歳の女王のティーリーが貫禄の勝利を見せ付けた。

セミファイナル8人がワールドクラスのトップロングボーダーが揃った今回の「TRUMP HYUGA PRO」のファイナルに駒を進めたのは、トニー・サバー二、テイラー・ハンセン、ピッコロ・クレメンテ、エドワード・デルペロ。

news_lqs-mens-tony-silvagni_C2A9064.jpg

4人全員がトータルスコアを16.00ポイントに仕上げてくる高レベルな展開となったこのファイナルでは、やはりこの試合全般をとおして好調なトニー・サバー二が9.15と8.35のエクセレントコンビネーションで17.502位のテイラー・ジャンセンの追撃を許さなかった。

news_1097_qs_mens.jpg
QS メンズの結果:
1.シュン・ムラカミ
2.レオ・イナバ
3.ナオト・タカナシ
4.ヒロト・オオハ

news_1093_qs_womens.jpg
QS ウィメンズ結果:
1.シノ・マツダ
2.レイカ・ノロ
3.サラ・ワキタ
4.ミノリ・カワイ

news_10A4_lqs_mens.jpg
LQS メンズ結果:
1.トニー・シルバーニ
2.テイラー・ハンセン
3.ピッコロ・クレメンテ
4.エドワード・デルペロ

news_10A0_lqs_womens.jpg
LQS ウィメンズ結果:
1.レイチェル・ティーリー
2.クリスタル・ウォルシュ
3.ステーシャ・アヒナ
4.サリー・コーヘン

news_36_akugare.jpg
あくがれティームチャレンジ
1.デルペロ
2.H
3.MOBB
4.Wユージ

このイベントはインターネットによるライブ放送されます。

直接会場にお越し出来ない方はインタ-ネットライブ中継をお楽しみ下さい。

イベント公式ページは、http://www.worldsurfleague.jp/2016/hyuga/ からどうぞ!

下記ご協力、スポンサー各位に感謝すると共に提供されます。

主催:WSL日向実行委員会
公認:WSL Japan
協力:日向サーファーズ、延岡サーフィン連盟
後援:日向市、日向市観光協会、日向市商工会

協賛:TRUMP WETSUITS
協賛各社:㈱あくがれ蒸留所、黒木鉄工所

WSL Japan Tour Supporters:
GoPro
ASAHI SOFT DRINKS(アサヒ飲料株式会社)
波伝説(サーフレジェンド)
G-SHOCK(カシオ計算機株式会社)
Luli Luli Bikinis
Madson of America
NewEra

■問合せ先:WSLジャパン事務局
Email:office@worldsurfleague.jp