WSL JAPAN TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

WSLジャパンツアー第9戦「M.B.J Pro」が10月29日(土)、30日(日)千葉県南房総市千歳ポイントで開催される。

千葉県南房総市千歳ポイント
(2016年 10月27日 木曜日)

2016年のWSLジャパンツアー第9戦目となるジュニアイベント「M.B.J Pro」が10月29日(土)から 10月30日(日)に、千葉県南房総市千歳ポイントで開催される。

すっかりと秋の空気になり台風の数が減り、冬型の気圧配置になりつつある日本列島は、北東のウネリと北西風がセットとなるサーフィンにはベスト季節でもある。

WSL Japan Juniorイベントは、今シーズンン3戦目ととなり、「MBJ」(Minami Boso Junior)が今シーズンのジュニア(U18)のグランドチャンピオンを決定するチャンピオンシップとなる。

この試合で決定した上位の選手は、例年どおり1月に開催されるワールドジュニアの代表選手として、世界最高峰のステージへと送り込まれる。

ご存知のとおりWSLのワールドジュニアチャンピオンズシップは、世界最高峰の戦いでこの大会で確定したジュニアかチャンピオンがその年のジュニア世界チャンピオンとなる。

ワールド基準が刻々と変動する中、WSLのコミッショナーオフィスは、2016年のジュニア年齢基準を18歳以下に決定した。今後ジュニアの年齢層は一段と若返り若年層のレベル強化を促している。

news_day0_091953-Junior_joh_azuchi.jpg
安室丈

今大会は、3戦目の最終戦となるために上位選手が確定し始めているなか、男子4名、女子2名を3戦のポイントで争うことになる。昨年までのQSトップジュニアからの選抜はなくなり、今年の最終戦はガチな戦いとなりそうだ。

オフィシャル波情報「波伝説」の情報によると「29日(土)は、東海上に遠ざかった高気圧から吹き出す東風によるウネリが続き、南岸を通過した低気圧による南ウネリが強まる可能性もあります。ただし、寒気などによる北~北東風が強く、風波も強まりつつジャンクなコンディションとなりそうです。30日(日)も寒気や移動性高気圧から吹き出す強い北東風が続く見込み。南寄りのウネリは残り、東ウネリも続きそうです。ただし、北東のサイドオンショアにより、風波も続きつつジャンクな状態も続きそうです。」とレポートが送られている。

https://www.namidensetsu.com/

現在上位につけている「U18メンズの選手は、1位同率で森友二、安室丈、3位同率で、脇田泰地、西優司、5位村上蓮、6位同率で村田嵐、都築百斗と続く」

http://www.worldsurfleague.com/athletes/tour/mjun?regionId=6&year=2016

「U18ウィメンズには1位同率で松田詩野、野中美波、3位同率で川合美乃里、中塩佳那、5位脇田沙良と続く」

http://www.worldsurfleague.com/athletes/tour/wjun?regionId=6&year=2016

今週末の試合結果ではワールドジュニアへのキップを手にするサーファーのカードが変わる可能性があります、今シーズン最強なジュニアの戦いをお見逃しなく!!

イベント公式ページは、http://www.worldsurfleague.jp/2016/boso/ からどうぞ!


下記ご協力、スポンサー各位に感謝すると共に提供されます。

主催:M.B.J Pro 実行委員会
公認:World Surf League Japan
協力:南房総市、南房総サーフィン協会、ワールドサーフィンプロモーションズ

協賛各社:南房総市観光協会、千倉町民宿組合、渋善会たてやま循環器内科外科、(有)スズ市水産、介護老人保健施設 晴耕苑、GENIUS、保険代理店(株)トラストパートナーズ、アサヒ飲料株式会社、GoPro、G-SHOCK(カシオ計算機株式会社)、波伝説、NewEra、DOVE


■問合せ先:WSLジャパン事務局
Email:office@worldsurfleague.jp