World Surf League Japan
LOCAL TIME : G-SHOCK

「田中透生」と「伊東李安琉」がJapan Tour開幕戦を制する! 2015 WSL Japanジュニア・シリーズ『IZU Super Kid's Challenge』!

cadet-riaru-ito_U0A6536.jpg

World Surf League Japan Tour『IZU Super Kid's Challenge』:
静岡県下田市吉佐美多々戸海岸:
2015年 3月29日(日曜日):

「2015 World Surf League(WSL) Japan Regional Tour」の開幕戦となるグロメットシリーズ『IZU Super Kids Challenge 2015』は、きょうファイナルデーを迎えた。WSL Japan Regional1から世界に向けて羽ばたく「Juniorサーファー」 の予備軍として注目される「Cadet U-16(16歳以下)」と、Cadet~Juniorコンペティターを目指しつつ親子で戦術を学ぶクラス「Grommet U-12(12歳以下)」。日本サーフィン界の悲願である「World Championship Tour(WCT)」サーファーの育成を目的としたJapan Regional Tourの初戦を、温暖で美しい伊豆半島南端に位置する美しい多々戸海岸において、素晴しくFinalゲームを終えて幕を閉じた。

きのうに引き続いてのスモールサーフとなった多々戸海岸だが、日本のトップキッズたちは素晴しいスキルと戦術を披露。そして、WSL Japan Regional Tourの記念すべき開幕戦のFinalにおいて、Cadet U-16は「田中透生(神奈川)」、Grommet U-12は「伊東李安琉(宮崎)」が、それぞれ見事に制してチャンピオンとなった。

Cadet U-16 Final。田中の相手となったのは、関西を代表「西兄弟」の次男であり、すでに国内のJunior TourイベントやQSイベントでも活躍を魅せる「西慶司郞(徳島)」。田中は、初日からレフトのフェイスに的を絞り、切れのあるバックハンド・スナップを武器にFinalまでかちあがってきた。一方の西は、ここまでスモールサーフの中で素晴しいレール・サーフィンと、バリエーションのあるミックス・マニューバーを披露して勝ち上がり、優勝候補の筆頭であった。

Final開始早々、波数の少ないスモールサーフの中において、田中が積極的に波を取りに行き、持ち前の素晴しいバックハンド・スナップを決めて7.00ポイントをスコアし、最高のFinalスタートを魅せる。ビッグ・スコアで先行された西だが、ここまであらゆるヒートにおいてハイスコアを記録し、焦ることなくじっくりとウェーブ・セレクトに集中していた。ヒート中盤にかけて2つのアベレージ近くのライドをスコアした西は、田中の後ろニーズ4.76ポイントまで追い上げる。しかし、ヒート終盤に入った田中は、再びシャープで切れのあるスナップとクローズアウト・リエントリーを決めて4.00ポイントをスコアし、西のニーズを7.50ポイントまで大きく引き離す。その後、プライオリティ(優先権)を持った田中は、西の横にウェイティング・ポジションを取り、最後まで西にスコアリング・ウェーブを渡すことなくタイムアップを向かえ、田中がCadet U-16において嬉しいWSL初優勝を決めた。

Grommet U-12 Final。伊東の相手となったのは、仲の良いライバルである「矢作紋ノ丈(神奈川)」。波の宝庫と言われる九州宮崎県出身の伊東は、昨シーズンの最終戦となった「Hyuga Super Kid's Challenge」でのビッグ・サーフを制し、多々戸海岸のスモール・サーフにおいても素晴しいスピードとリズミカルなサーフィンを披露して勝ち上がってきた。一方の矢作は、スモール・コンディションでのトレーニングがしやすい環境において、きょうの多々戸海岸でも際だったアクションを繰り返してFinalまで勝ち上がってきた。

Finalスタートから積極的に波を取りに行く矢作だが、形の良いフェイスを見つけられずに決定打をスコアすることはできなかった。それに対して、じっくりとウェーブ・セレクトする伊東は、ヒート中盤に入ってスピードとフローを兼ね備えた素晴しいフォアハンドでのミックス・マニューバーを決めて6.00ポイントをスコアし、続けてアベレージな4.00ポイントをバックアップに揃えてリードを広げた。矢作は、終了間際にフォアハンドでのタイトなクローズアウト・リエントリーを決めて4.50ポイントで追い上げるものの、逆転には届かずタイムアップ。伊東は、昨シーズンからGrommetでの連勝を記録すると同時に、記念すべきWSL Japan Regional開幕戦を制した。


※「Cadet U-16」Final Results

優勝:
「田中 透生(神奈川)」

準優勝:
「西 慶司郞(徳島)」

3位:
「西 優司(徳島)」、「伊東李安琉(宮崎)」

5位:
「村田 翔(三重)」、「鈴木 仁(神奈川)」、「石井 乃亜(神奈川)」、「川俣 海徳(東京)」、


※「Grommet U-12」Final Results

優勝:
「伊東 李安琉(宮崎)」

準優勝:
「矢作 紋ノ丈(神奈川)」

3位:
「竹内 克斗(浜松)」、「岡村 迅帝(埼玉)」

5位:
「中塩 かな(宮城)」、「松原 渚生(千葉)」、「長谷川 颯太(千葉)」、「堀越 類(神奈川)」


※このイベントは、全世界に向けてインターネットによりライブ中継されました。

※イベント公式ページは、http://www.worldsurfleague.jp/2015/izu/ からどうぞ!

※「IZU Super Kids Challenge」は、下記スポンサー各位に感謝すると共に提供されます。
・NPO法人 海遊
・藤本軌道株式会社
・Luliluli Bikinis
・GoPro
・G-Shock(カシオ計算機株式会社)
・アサヒ飲料株式会社)
・波伝説(サーフレジェンド)
・株式会社 山和
・株式会社グロッサーマネージメント
・株式会社大磯衛生社
・株式会社ストレートアップ
・下田大和館
・DOVEウェットスーツ

後援
・下田市、下田市観光課

協力
・マリンネット下田
・日本サーフィン連盟下田支部
・多々戸サーフィン大会実行委員会
・多々戸ローカルサーファーズ

運営
・ワールドサーフィンプロモーションズ

■問合せ先:WSLジャパン事務局
〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-16-2
電話:0466-30-2888 0466-30-2888 FAX: 0466-30-2889
Email:japan@worldsurfleague.com