WSL JAPAN TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

大橋海人がMen's QS 1,000『Trump Hyuga Pro』を制し、WSL Men's Japan Regional Rankingトップに踊りでる!

World Surf League(WSL) Qualifying Series(QS) #29 - 1,000、Longboard Tour(LT) #7 - 1,000、Grommet U-12『Trump Hyuga Pro』:
宮崎県日向市小倉ヶ浜海岸:
Men's QS 1,000 Round 3・Quarter-Finals・Semi-Finals・Final、LT Men's 1,000 Round 2・Quarter-Finals、LT Women's 1,000 Round 1:
2015年10月10日(土曜日):

「2015 WSL Japan Regional Tour」の後半戦となるWSL QS #29 - 1,000、LT #7 - 1,000、GrommetU-12『Trump Hyuga Pro』は、2015年10月9日(金曜日)~10月12日(月曜日・体育の日)までのウェイティング・ピリオド(開催期間)を設け、温暖な土地と波の宝庫として知られる宮崎県日向市にある日本を代表するサーフ・ゲレンデ「小倉ヶ浜海岸」において開催中。

イベントDay 2、オホーツク海へと遠ざかった台風23号が残したストロングなグランド・スウェルは落ち着き、ライトブレイクをメインとした素晴しいクリーンな胸~肩サイズの小倉ヶ浜海岸において、Men's QS #29 - 1,000 Round 3・Quarter-Finals・Semi-Finals・Final、LT Men's #7 - 1,000 Round 2~Quaeter-Finals、LT Women's - 1,000 Round 1が行われた。そして、クライマックスを迎えたMen's QS #29 - 1,000では、同郷である湘南のレフトハンダー対決となったFinalにおいて、「大橋海人(茅ヶ崎・日本)」が「佐藤魁(茅ヶ崎・日本)を抑えて見事に優勝。大橋は、Men's QS 1,000ディビジョンの頂点に立つと同時に、貴重なWSL QS 1,000ポイントを獲得し、「2015 WSL Japan Regional Men's Ranking」でもトップに躍り出た。

大橋は、初戦のRound 1~Round 3までの4 Men'sヒートをすべてトップで勝ち上がり、Quarter-FinalsのOne on One(1対1)では「2014 World Junior Championship(WJC)」5位のワールド・ベスト・ジュニアサーファーである「安井拓海(千葉・日本)」を下すと、続くSemi-Finalsでは日本のトップ・サーファーの1人である「加藤嵐(千葉・日本)」を下してMen's QS 1000ディビジョンFinalへと進出。

101050_guy_sato.jpg
佐藤魁(茅ヶ崎・日本)

一方の佐藤は、Round 2の4 Men'sヒートにおいて、これまでに数々の日本サーフィン史上歴史を切り開いてきたベテラン「大野修聖(伊豆・日本)」を下すと、One On OneのQuarter-Finalsでは「2015 WSL QS World Ranking」94位の「新井洋人(横浜・日本)」を下し、続くSemi-Finalsは「2015 WSL Junior Tour 1,000 Minami Boso Junior Pro」のチャンピオンである「仲村拓久未(三重・日本)」を下してMen's QS 1000ディビジョンFinalへと進出。

Men's QS 1000ディビジョンFinal序盤、大橋はバックハンドでの7つのソリッドなコンビネーション・ターンをブレンドし、エクセレントな8.00ポイントでスタート。その直後、佐藤もライトブレイクへの2本目のセットを捕えると、バックハンドでのパワー・ハック、スナップなど5つのコンビネーション・ターンをミックスし、ミッドレンジ・ハイとなる6.75ポイントをスコアしてすぐさまゲーム・オン。

ヒート中盤に入り、大橋はミディアム・サイズのライトブレイクをつかみ、再びバックハンド・アタックでのブレンド・ターンを魅せて6.75ポイントをスコアすると、続けてオープン・ブレイクなショート・レンジのセットをつかむと、クリティカルなファースト・ターンにおいてパワフルなビッグ・スナップから素晴しいテール・ハイのエア・リバースをコンビネーションさせた。ビッグ・スコアの手応えを感じた大橋は、ハイ・リスクなエア・ランディングを決めるとボディ・ランゲージでアピールを表現し、その後にヒート・ハイエストとなるエクセレントな8.50ポイントがコールされて大きなリードを奪った。

ヒート残り時間15分、佐藤のNeeds(逆転に必要なスコア)はパーフェクトに近い9.75。大橋から2つのビッグ・スコアを浴びて窮地に立たされた佐藤だが、その直後にクリーンなライトブレイクへのショート・レンジのセットをつかみ、バックハンドでの2つの鋭角な素晴しい12オクロック・アタックを決めて7.50ポイントをスコアすると、大橋へのNeed 9.00ポイントまで縮めた。

ヒート残り時間4分、依然としてビッグ・スコアを必要とする佐藤は、クリーンに伸びるライトブレイクへのセットをつかむと、マッシブなファースト・スナップから、12オクロック・アタック、ランニング・フローター、そしてインサイドのリフォーム・セクションにおけるタイトなパワー・スナップなど、素晴しい7つのコンビネーション・ターンをブレンドさせ、大橋と同様に大きなボディ・ランゲージを魅せてビッグ・スコアへの手応えをアピール。多くのギャラリーからも大きな声援と拍手が鳴り響く中、しばらく経ってアナウンスされたスコアは8.50ポイントだった。Final終盤において、ヒート・タイとなる素晴しいハイエスト・エクセレント・シングルをスコアした佐藤だったが、逆転には惜しくも0.50ポイント届かずにタイムアップ。

2015 WSL Men's QS #29 - 1,000『Trump Hyuga Pro』の栄冠に輝いた大橋は、貴重なWSL QS 1,000ポイントを獲得すると同時に、「2015 WSL Japan Regional Ranking」のトップに躍り出て「2016 WSLインターナショナル・シード」のチケットに大きく近づいた。

101008_kaito.jpg
大橋海人(茅ヶ崎・日本)

「やっぱり優勝は嬉しいですね! あの8.00ポイントのバックハンド・エア・リバースは、自分の中で大好きなマニューバーの1つで、絶対メイクできる確信はあったのですが、Finalまで隠しておきたかったのです。」と、大橋は語った。「魁(佐藤)選手とは同じホームブレイクで育ち、いつも一緒にサーフィンしている素晴しいワールド・サーファーの1人なので、彼と一緒にFinalを戦えて最高でした。今は少しゆっくり休み、大きなサポートをしてくれた仲間たちと一緒に勝利を分かち合いたいですね。」と、続けて大橋はウィナーズ・インタビューを締めくくった。

101034_lqs_taylor_jensen.jpg
タイラー・ジャンセン(アメリカ合衆国)

Men's LT 1,000ディビジョンQuarter-FinalsのOne On Oneマッチアップでは、Heat 1にアメリカ合衆国の偉大なるワールド・ロングボード・チャンピオンである「タイラー・ジャンセン(アメリカ合衆国)」と、ペルーのワールド・ベスト・ロングボーダーの1人「ルーカス・ガリード・レッカ(ペルー)」が顔を揃えた。ハイレベルなエクセレント・ライドでの攻防となり、凄まじいアグレッシブなターンと流れるように美しい優雅なクラシック・ターンの融合を魅せたジャンセンが、8.90、そしてパーフェクト10ポイントをスコアし、ヒート・トータル18.90と言う素晴しいスコアを記録してSemi-Finalsへと進出。

101056_lqs_piccolo_clemente.jpg
ピッコロ・クレメンテ(ペルー)

Heat 4、ペルーが生んだ偉大なるワールド・ロングボード・チャンピオンの「ピッコロ・クレメンテ(ペルー)」と、ハワイのワールド・ベスト・ロングボーダーの1人である「アヒナ・ネルソン(ハワイ)」のマッチアップを迎えた。長身と美しいクローズド・スタンスを生かした素晴しいスタイル溢れるパワー・ムーヴとクラシック・ターンのブレンドを魅せたネルソンは、2つのエクセレント・スコアを記録するものの、ペルーの英雄であるワールド・チャンピオンのクレメンテは、ハングファイブ、ハングテン、クローズアウト・ビッグ・エアの強烈なミックス・ターンを決め、イベント2本目となるパーフェクト10ポイントをスコア。そして、バックアップにもハイ・エクセレントな9.25ポイントをスコアしたクレメンテは、イベントのハイエスト・ヒート・トータルとなる驚異的な19.25ポイントを記録してSemi-Finalsへと進出。

101005_lqsw_natsumi_taoka.jpg
田岡なつみ(千葉・日本)

Women's LT 1,000ディビジョンRound 1では、日本の「田岡なつみ(千葉・日本)」が、2つのエクセレント・スコアを記録し、ヒート・トータル18.90と言う素晴しいスコアを揃えてトップでRound 2へと進出。その他、ハワイのワールド・ベスト・ロングボーダーの一家であるアヒナ・シスターズの「アヒナ・アシュレイ(ハワイ)」、「アヒナ・スターシア(ハワイ)」も、素晴しいミックス・ターンを魅せてRound 2へと勝ち上がった。

イベントDay 3のファースト・コールは午前7時。Men's LT 1,000、Women's LT 1,000、Grommet U-12の3ディビジョンがスタンバイとなる。

※World Surf League(WSL) Qualifying Series(QS) #29 - 1,000『Trump Hyuga Pro』Final Results:

1st:
「Kaito Ohashi(Chigasaki / JPN)」

2nd:
「Guy Sato(Chigasaki / JPN)」

3rd:
「Takumi Nakamura(Mie / JPN)」、「Arashi Kato(Chiba / JPN)」

5th:
「Hiroto Arai(Yokohama / JPN)」、「Yukio Ogawa(Chiba / JPN)」、「Takumi Yasui(Chiba / JPN)」、「Yujiro Tsuji(Tokushima / JPN)」


※World Surf League(WSL) Qualifying Series(QS) #29 - 1,000、Longboard Tour(LT) #7 - 1,000、Grommet U-12『Trump Hyuga Pro』は、下記スポンサー各位に感謝するとともに提供されます。

主催:
・小倉ヶ浜プロサーフィン大会実行委員会

特別協賛:
・TRUMP WETSUITS

協賛各社:
・株式会社あくがれ蒸留所
・アサヒ飲料株式会社
・GoPro
・Luliluli Bikinis
・波伝説
・G-SHOCK(カシオ計算機株式会社)
・黒木鉄工所
・MADSON of AMERICA

公認:
・World Surf League(WSL)

協力:
・日向市サーフィン連盟
・延岡市サーフィン連盟

後援:
・日向市
・日向市観光協会
・日向市商工会議所

開催地:
宮崎県日向市小倉ヶ浜海岸


※World Surf League(WSL) Qualifying Series(QS) #29 - 1,000、Longboard Tour(LT) #7 - 1,000、Grommet U-12『Trump Hyuga Pro』のライブ中継、公式結果、写真、ニュースなどの詳しい詳細については、以下のイベント公式ページよりご参照願います。

http://www.worldsurfleague.jp


※WSL World Tourについてのさらなる詳しい詳細については、WSLインターナショナルページからご参照願います:

http://www.worldsurfleague.com/


※WSLインターナショナル日本語訳記事と、WSL Japan Regional Tourについてのさらなる詳しい詳細については、「WSL Japan Regional」ページからご参照願います:

http://www.wsljapantour.com/