WSL JAPAN TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

Day 4、Men'sはホームのワールド・サーファー「辻 裕次郎」が優勝!

World Surf League(WSL) Qualifying Series(QS) 1,000×JPSA『BILLABONG PRO SHIKOKU』Supported by PLAYAR RESORT:
Men's Round of 32、Round of 16、Quarter-finals、Semi-finals、Final:
Women's Quarter-finals:
高知県安芸郡東洋町/生見海岸:

2015年6月3日(水曜日)~6月7日(日曜日)までのウェイティング・ピリオド(開催期間)を設け、WSL QS 1,000×JPSA『BILLABONG PRO SHIKOKU』Supported by PLAYAR RESORTが開幕。このイベントは、日本サーフィン史上初となる「WSL」と「JPSA」がタッグを組む「co-sanction event」として認可され、2015シーズンの「WSL世界ランキング」、「WSL日本リージョナル・ランキング」、「JPSAランキング」の3つの異なったランキングのポイントを取得することができるビッグ・イベントである。

イベントDay 4、梅雨前線上の低気圧の通過によって、ウィンドスウェルの混じるラフなコンディションながらも大きくサイズアップした生見ビーチにおいて、Women'sディビジョンのQuarter-finals Heat 1~4、Men'sディビジョンはRound of 32、Quarte-finals、Semi-Finals、Finalまでを終えた。そして、Men'sディビジョンにおいて、ここ生見ビーチをホーム・ゲレンデに持つ「辻裕次郎(日本)」が見事にホームブレイクの波を制して優勝!

レイト(遅れて)・エントリーのために、生まれ育った地元ホームカントリーの海において、Round 1からの出場となった辻、イベントDay 4のFinal Heatまで実に7ラウンドを戦ってきた。

辻のFinalの相手は、これからの日本サーフィン界を担うヤングジェネレーションの筆頭「仲村拓久未(日本)」。Finalに登り詰めるまで、最終ゲームに向けて1段階づつ「ギア」を上げてきた辻は、見事にFinalゲームに合わせて自身のピークを頂点までアップさせていた。ヒート序盤、ホームサーファーの辻は4.00ポイントでスタートする中で、仲村は先手必勝で望むかのようにファーストライドから猛チャージを魅せて6.00ポイントでリード。

ヤングジェネレーションの仲村が「オン・ファイヤー」を魅せてリードする前半だったが、ワールド・サーファーとしても経験豊富な辻は、ここまでハイスコアを記録してきた低いスタンスからの「12オクロック・バックハンドアタック」を魅せて7.50ポイントをスコア。

アドバンテージを取った辻は、続けてバックハンド・アタックを魅せて6.50ポイントをスコアしてFinalのリードを固めるものの、決して諦めない姿勢を魅せる仲村は、ヒート後半にかけて左奥のライト・サンドバーへと伸びるスコアリング・フェイスを見つけ、素晴しいフォアハンド・ハックをコンビネーションさせて7.15ポイントをスコア。

Finalゲームをひっくり返し、凄まじいヤングエナジーを放出させる仲村。しかし、WSLワールド・ドツアーの経験豊富な辻は、逆転されたことに焦ることなくウェーブセレクト。そして、ヒート終盤にかけてセットをつかんだ辻は、迷うことなく再び素晴しい12オクロックのバックハンド・アタックを連打して7.40ポイントをスコアし、再度逆転してトップに踊りでる。

そして、ここまでエクセレントスコアヒットしてきた辻と仲村の戦いは最後の最後までもつれたが、Finalヒート後半にリードを奪った辻は、初日のRound 1から1ギアを上げながら最後の戦いにピークを合わせて、常に100%アウトでプッシュする仲村を交わして見事に地元でチャンピオンに輝いた!

「うまく言葉に出ません......、この生見海岸で優勝できことが何よりも最高に嬉しいです!」と、辻は語った。「結果を出せない日々が続いていた中で、さまざまな意味を込めて、ここホームでのイベントに向けて取り組んできました。わたしの愛するホームタウンにおいて、多くのサポーターのみなさんに感謝するとともに、インターネットのライブ中継を通じて世界各国からの友人たちの応援メッセージに心の底から感謝します。」と、続けて語った。

地元の四国・生見ビーチにおいて、誰よりも深い思いを胸に秘め、誰よりも数多くヒートを勝ち抜き、素晴しいチャンピオンに輝いた「辻裕次郎(日本)」選手おめでとう!


あすのイベント・ファイナルデー 2015年6月7日(日曜日)、オフィシャル公式ファースト・コールは午前7時。Women's-finals Heat 1~2、Finals、そしてスペシャル・ゲーム「GoPro Super Session」を予定している。

※2015 WSL QS 1,000、JPSA #2 co-sanction『BILLABONG PRO SHIKOKU』Supported by PLAYAR RESORTのライブ中継、公式結果、写真、ニュースなどの詳しい詳細については、以下のページからご参照願います:

WSL Japan Regional:
http://www.worldsurfleague.jp/

JPSA:
http://www.namiaru.tv/live/jpsa/short/


※WSLワールド・ツアーについてのさらなる詳しい詳細については、WSLインターナショナルページからご参照願います:
http://www.worldsurfleague.com/


※WSLインターナショナル日本語訳記事と、WSLジャパンツアーについてのさらなる詳しい詳細については、「WSL Japan Regional」ページからご参照願います:
http://www.wsljapantour.com/