WSL JAPAN TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

Day 3はトップシード・サーファーが支配する!

World Surf League(WSL) Qualifying Series(QS) 1,000×JPSA『BILLABONG PRO SHIKOKU』Supported by PLAYAR RESORT:
Men's Round of 64、Women's Round 16:
高知県安芸郡東洋町/生見海岸:

2015年6月3日(水曜日)~6月7日(日曜日)までのウェイティング・ピリオド(開催期間)を設け、WSL QS 1,000×JPSA『BILLABONG PRO SHIKOKU』Supported by PLAYAR RESORTが開幕。このイベントは、日本サーフィン史上初となる「WSL」と「JPSA」がタッグを組む「co-sanction event」として認可され、2015シーズンの「WSL世界ランキング」、「WSL日本リージョナル・ランキング」、「JPSAランキング」の3つの異なったランキングのポイントを取得することができるビッグ・イベントである。

イベントDay 3、前日よりもサイズアップしつつ無風のクリーン・コンディションの中、Men'sディビジョンのRound of 64 Heat 1~16、そしてWomen'sディビジョンのRound of 16 Heat 1~4までを終えた。トップシード・サーファーたちが登場するMen'sディビジョンでは、世界を転戦するワールド・サーファーたちが素晴しいスキルを披露。

Day 3のオープニング・ゲームとなったMen'sディビジョンHeat 1に登場した「大橋海人(日本)」は、朝焼けの美しい早朝の生見海岸において、素晴しいワールド・サーフィンの技術を披露。ヒート前半からソリッドなバックハンド・アタックでリードする大橋は、ヒート後半にかけて素晴しいエアリバースを決めてトップでRound of 32へと進出。

「久しぶりの生見海岸ですが、きのうよりサイズアップして形も良くて楽しかったです。」と、大橋は語った。「足の具合はもう問題なく、今シーズンは国内と世界の両方に参戦していくつもりです。」と、続けて語った。

Heat 8、「WSL QS世界ランキング」83位のワールド・サーファー「大原洋人(日本)」は、ワールド・レベルのスピード、パワー、フローを兼ね備えたレール・トゥ・レールのサーフィンを披露し、ヒート・トータル12.75ポイントを記録してRound of 32へ進出。

「常にアウェー(世界)で戦っているので、日本でのWSLイベントは落ち着いて楽しめますね。」と、大原は語った。「今シーズン、今のところWSLワールド・トップ・シードの圏内にいるので、シード・チェンジ(半期で入れ替え)となる"US Open Of Surfing"までにトップシードをキープできるようにしたいですね。もちろん、このイベントは楽しみながら優勝できるようにがんばります。」と、続けて語った。

Heat 9、関西のヤングジェネレーションである「河谷佐助(日本)」は、ヒート序盤から波とのリズムをピタリと合わせて素晴しいバックハンド・チャージを披露し、世界を転戦するワールド・サーファーの1人「新井洋人(日本)」を抑えてトップでRound of 32へと進出。

「ヒート開始早々に目の前に良い波が来て、その後もすごく海とのリズムが合って、僕のところに良い波が来てくれてラッキーでした。」と、河谷は語った。「ここ(生見海岸)は、僕の大好きなポイントの1つで、きょうは波も良くて最高です。あすはさらにタフなヒートになることは必至ですが、ここまでの良いリズムをキープすることを心がけてがんばります。」と、続けて語った。

Heat 11、ワールド・サーファーの1人であり、ノースショアのアタックでも頭角を魅せる「村上舜(日本)」は、ロータイドを迎えて波数の少なくなったタフなヒートにおいて、最大のセットを捕えた。バックハンドにアプローチした村上は、ソリッドなストレートアップ、パワフルなラップ・カーヴ、そしてクローズアウト・リエントリーの素晴しいコンビネーション・マニューバーを魅せ、エクセレントな8.25ポイントをスコアして勝利。

「ロータイドでコンディションが変わっていたので悩んだのですが、あのサンドバーに良い波が来ると信じて待ちました。」と、村上は語った。「あのセットが来てラッキーでしたが、すごく良いフェイスがライトに伸びていて最高の波でした。やっぱり日本でのイベントは嬉しいですね。」と、続けて語った。

Heat 16、昨シーズンの足のケガから完治した「加藤嵐(日本)」は、20分ヒートをすべて支配。フォアハンドのストレートアップ、スナップ、ラップ・カーヴ、フィンフリー・リエントリーなど、多彩なワールド・クラスのコンビネーション・マニューバーをブレンドし、ここまでのイベントハイエスト・シングル9.00ポイントをスコアすると、ヒート・トータルにおいても16.25ポイントのハイエスト・スコアを記録してRound of 32へと進出。

Heat 16、日本のサーフィンが世界の舞台で戦うために、数々の歴史を更新してきた「大野"Mar"修聖(日本)」は、コンディションをさらにおとした午後のロータイドに登場。大野は、前のヒートまでウェイティングしなかった左のサンドバーに身を置く、ファーストセットを捕えてバーティカルなバックハンド・アタックをコンビネーションさせてミッドレンジをスコア。その後、ヒート中盤に入ってレフトのセットにアプローチした大野は、フォアハンドでのソリッドなフィンアウト・ビッグアタックをミックスさせて7.50ポイントをスコアし、ヒート・トータル13.75ポイントを記録してRound of 32へと進出。

「きのうとは違ったスウェルディレクションに加えてロータイドを迎え、左側のレフトに良いブレイクが見えていたのですが、あの最初のセットはライトに良いスコアリング・フェイスが延びていて、たまたまピークに居られてラッキーでしたね。」と、大野は語った。「四国はすごく良い波の思い出ばかりなので、本当にリラックスして楽しくサーフィンができます。」と、続けて語った。

あすのイベントDay 4となる2015年6月6日(土曜日)、オフィシャル公式ファースト・コールは午前7時。ファースト・コールからイベントが再開されれば、Men's Round of 32 Heat 1~8、Men's Round of 16 Heat 1-4、そしてWomen's Quarter-finals Heat 1~4、Men's Quarter-finals Heat 1-4までを予定している。


※2015 WSL QS 1,000、JPSA #2 co-sanction『BILLABONG PRO SHIKOKU』Supported by PLAYAR RESORTのライブ中継、公式結果、写真、ニュースなどの詳しい詳細については、以下のページからご参照願います:

WSL Japan Regional:
http://www.worldsurfleague.jp/

JPSA:
http://www.namiaru.tv/live/jpsa/short/


※WSLワールド・ツアーについてのさらなる詳しい詳細については、WSLインターナショナルページからご参照願います:

http://www.worldsurfleague.com/


※WSLインターナショナル日本語訳記事と、WSLジャパンツアーについてのさらなる詳しい詳細については、「WSL Japan Regional」ページからご参照願います:

http://www.wsljapantour.com/