ASP JAPAN TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

気象情報(7/17発表)

ASP JAPAN TOUR WQS 3STAR「MURASAKI SHONAN OPEN」における気象情報についてお知らせいたします。

17日(木)は、梅雨前線が日本海沿岸沿いに停滞するものの弱まり不明瞭となりそうです。
16日(水)の後半から強まった南~南西寄りの風波が残り、北寄りの風によりまとまっています。
きょうは、南~南西寄りの波は弱まりつつも何とか続き、はるか東海上の高気圧の吹き出しによる東~南東寄りのうねりの反応が多少良くなってくる可能性があります。
潮が引いてくるとサイズを落としてしまいそうですが、潮の満ち込みにかけて、再びコンディションを上げてくるでしょう。

0717_0718.png

0717_0719.png

18日(金)~19日(土)は、寒気を伴った気圧の谷が近づき、梅雨前線は弱まるものの天気は下り坂です。
南~南西寄りの風波は弱まりそうですが、東~南東寄りのうねりは何とか続きそうです。
ただし、サイズはヒザ程度となってしまう可能性があります。
また、あまり大きな期待はできませんが、南シナ海を北西へ進む強い台風9号からの南西寄りのうねりが多少反応してくる可能性があります。


0717_0720.png

0717_0721.png

20日(日)~21日(月・海の日)は、梅雨前線が日本海付近まで北上しそうです。
はるか東海上の高気圧の吹き出しによる東~南東寄りのうねりに加え、南海上から張り出す太平洋高気圧の吹き出しによる南寄りの風が多少強まり、波質を落としつつも、風波の反応が良くなってくるでしょう。

なお、17日(木)にフィリピンの東海上で発生した熱帯低気圧はきょうかあすの18日(金)には台風になりそうです。この台風からの南~南西寄りのうねりが届く可能性がありますが、21日(月・海の日)までに反応してくるかどうかは微妙です。ただし、台風の動き次第では大きく予報が変わる可能性がありますので、今後の動きには要チェックです。

オフィシャル気象情報提供:波伝説(小川予報士)


潮 汐

2014年07月17日 中潮
満潮 07:26 134cm
20:22 146cm
干潮 01:43 70cm
13:40 42cm

日の出時刻 04:39
日没時刻 18:56


2014年07月18日 小潮
満潮 08:20 123cm
21:01 143cm
干潮 02:37 67cm
14:16 57cm

日の出時刻 04:40
日没時刻 18:55


2014年07月19日 小潮
満潮 09:28 111cm
21:45 140cm
干潮 03:45 65cm
14:55 73cm

日の出時刻 04:40
日没時刻 18:55


2014年07月20日 小潮
満潮 11:08 103cm
22:37 136cm
干潮 05:10 61cm
15:44 88cm

日の出時刻 04:41
日没時刻 18:54


2014年07月21日 長潮
満潮 14:01 105cm
23:40 134cm
干潮 06:39 53cm
17:33 102cm

日の出時刻 04:42
日没時刻 18:54