ASP JAPAN TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

2014シーズンの 「MALIBU HYUGA PRO」は10月11日(土)にオンする。

宮崎県、日向市、小倉ヶ浜海岸
(2014年 10月2日 木曜日)

2013年ASPジャパンツアー第6戦、メンズQS 2スターイベント「Malibu HYUGA PRO」とロングボードメンズ1スター、ウィメンズ1スターは、10月11日(土)から 10月13日(月)体育の日に、宮崎県日向市小倉ヶ浜海岸で開催される。恒例の「あくがれチームサーフィン」も開催!!

賞金総額 \3,000,000- QS シリーズ2スターイベント「Malibu HYUGA PRO」と同時開催イベントとして賞金総額 \700,000- のLQSシリーズ・メンズ1スター、ウィメンズ1スター「MALIBU HYUGA PRO LONGBOARD」が開催される。

今年のQSシリースは7月に神奈川県で3スターが行われたのみで、この2スターイベントとシーズン最終戦の台湾イベントの3戦となる。

国内最大級のプロ大会は湘南オープンと日向プロとなり今シーズンの3戦を終了した時点でリージョナルチャンピオンを決定し、来シーズンから始まるワールド・サーフ・リーグのプライム+6スターイベントにシードを許される選手が選ばれる事になる。

この制度は現在協議中ではあるが、来シーズンから大幅に見直されるツアー内容の一環であり、これが確定すれば海外を目指すプロ選手にとってとても重要なキップとなる。

今シーズンは、WJCを勝抜いた大原洋人が世界のベスト4に入賞したことによるシード権でプライムにフル参戦をしている特権をジャパンリージョンからもう一人獲得して優先的にスライムにフル出場する事が出来る。

9月に入り2スターにグレードアップし獲得ポイントも高くなり最終的に地域チャンピオンになる選手が誰になるかの行方も、シーズン後半とても興味深いことになってきたといえる。

9月12日に千葉県南房総市で開催された「南房総ジュニアプロ」の結果をみて11月にポルトガルで開催のワールド・ジュニア・チャンピオンズ(WJC)に出場の男子6名、女子2名も確定している。

彼らが再び優秀な成績を収めれば再びジュニア枠から来シーズンのプライムへのシード権を得られ、ワールドリーグへまたさらに近づく事が可能になる。

今回の第1シードには、7月の湘南オープン覇者でリージョナルチャンピオンに最も近い男、松下諒太、昨年のディフェンディングチャンピオン村上舜、若手筆頭の加藤嵐、仲村拓久未、安井拓海に加えベテランの辻裕次郎、林健太、田中樹も参戦する。

現在、台風が太平洋に沿って接近しながら日本列島を通過し連続で発生し来週末には次の熱帯低気圧も発生しそうだ。新しいウネリがヒットしてくれる事を期待する。LQS 1スターメンズには、昨年のチャンピオン、ニールセン・アヒナ3世に対して2013年のワールドチャンピオン、ピッコロ・クレメンテ(ペルー)がエントリーを済ませ豪華なハイレベルの戦いが期待できそうだ。ウィメンズにはハワイのアヒナ姉妹の参戦に対してそれを迎え撃つ吉川広夏、鈴木由貴がWLC行きをかけて戦う。

ASP JAPAN オフィシャル波情報機関「波伝説」の小川和幸気象予報士による予報もお楽しみに!!

ASPジャパンが行う、このイベントはインターネットによるライブ放送をご覧戴けます。

直接会場にお越し出来ない方はインタ-ネットライブをお楽しみ下さい。

イベント公式ページは http://www.aspjapantourlive.com/2014/hyuga/ からどうぞ!

「MALIBU HYUGA PRO 」は、下記スポンサー各位に感謝すると共に提供されます。

・MALIBU(サントリーアライド株式会社)
・日東化建株式会社
・RIPCURL Japan
・あくがれ(富の露酒造店株式会社)
・清本鐵工株式会社
・ASAHI SOFT DRINK(アサヒ飲料株式会社)
・G-SHOCK(カシオ計算機株式会社)
・Go Pro
・黒木鉄工所
・波伝説
・DOVE Wetsuits
・フルッタ・フルッタ
・C4 WATERMAN JAPAN

■問合せ先:ASPジャパン事務局
〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-16-2- 501
電話:0466-30-2888 FAX: 0466-30-2889
Email:office@aspjapantour.com