ASP JAPAN TOUR
LOCAL TIME : G-SHOCK

オフィシャル気象情報(8/3)

概 況

3日(日)は、済州島の西北西海上にある台風12号は勢力を徐々に勢力を弱めながら北~北東へゆっくりと進んでいく見込み。また、フィリピンの東海上にある非常に強い台風11号がさらに発達しながら4日(月)~5日(火)にかけて北緯20度線を越えてくる可能性があります。

0803_080315.png

千葉周辺では、引き続き高気圧に覆われるものの、北日本にはさらに気圧の谷が近づいてきて、南からは暖かく湿った空気が入り続けるので、夕方や朝晩の雷や豪雨などについては十分な注意が必要です。
波については、はるか東海上の高気圧の吹き出しによる南東~南寄りのうねりは続き、台風12号からの南~南西寄りのうねりも多少落ち着きつつもしっかりと続くでしょう。
また、台風11号からの南寄りのうねりは、4日(月)以降に反応してきそうです。
風については、南~南西寄りの風が午前中は弱く、午後になると多少強まり、ヨレた波が多くなりそうですが、風をかわして、大きな影響はないでしょう。

オフィシャル気象情報提供:小川予報士(波伝説)


潮 汐
2014年08月03日 小潮
満潮 08:47 113cm
20:50 135cm
干潮 02:47 62cm
14:29 72cm

日の出時刻 04:49
日没時刻 18:40