「MURASAKI SHONAN OPEN」3スターイベントの優勝はマー、大野修聖。

神奈川県藤沢市、湘南海岸
(2013年 7月13日、土曜日)

2013年ASPジャパンメンズスターツアーの3スターイベント「MURASAKI SHONAN OPEN」は、7月8日からウェイティング期間を迎え、13日の午後に2013イベントチャンピオンが誕生した。

今日の会場付近の天 候は快晴、弱い南西の風でサイズは4から6フィート(2メーター)となった。

スターシリーズイベントのファイナルを視野に今朝7:30のファーストコールとし、コンテストディレクターASPジャパンの近江俊哉がイベントファイナルデーにゴーサインを出し、今日イベントチャンピオンが誕生した。

台風7号のウネリの恩恵を受け、最高のコンディションの中、数々の記憶に残るバトルが数多く繰り広げられ、遂にイベントはセミファイナルに勝ち進んだベスト4が出揃った。セミファイナルの第1ヒートは、先週アカプルコで開催された4スターイベントで見事3位入賞を果たし好調の若手、大橋海人(日本)対2012 Airshow competition覇者のケオニ・ヤン(タヒチ)となり、セミファイナルに勝ち進んだ唯一のレギュラーフッターのヤンは4本のライディングを披露した。

2本目のスコアが5.35ポイント、そしてバックアップスコアは3.75ポイントと、ヒートトータルスコアを9.10ポイントにし、一方好調の大橋は数多くのエクセレントスコアに成功してセミファイナルまで勝ち進んだ。このセミファイナルでもエクセレントレインジのスコアは無かったが、ヤンを上回る7.00と6.50ポイントでヒートトータルスコアを13.50ポイントに伸ばし、ファイナルへ勝ち上がった進出した。

セミファイナルの第2ヒートは、いまや日本のトップでベテランを代表するグーフィーフッターの大野 修聖(日本) 相対するのは、昨年韓国で開催されたイベントの覇者となったコナー・オリアリー(オーストラリア)の戦いとなり、オリアリーはクオーターファイナルではイベントを通して最も高いウェーブハイスコアのエクセレントとなる、9.60ポイントを含んだ数々のエクセレントレインジのスコアに成功し、セミファイナルに進出している。今年は日本国内に比重を置いてツアーに参戦する大野は、しっかりとセミファイナルでも着実にスコアを纏め上げて7.60ポイントとバックアップスコアの7.35 ポイント、合わせてヒートトータルスコアを14.95ポイントに伸ばして、6.90と6.30ポイントでヒートトータルスコアの13.20ポイントのオリアリーを上回り、ファイナルに進出。日本人同士、共にグーフィーフッターのファイナルが実現した。

ファイナルは、ゼッケン赤の大橋海人(日本)対ゼッケン白の大野 修聖(日本)。日本を代表する若手とベテラン対決となった。大橋は最初の2本のライディングで6.75と6.40ポイントに成功してヒートトータルスコアを13.15ポイントとした。一方の大野はファイナルで見事な2本なエクセレントスコアの8.25と8.20ポイントに成功し、ヒートトータルスコアを16.45ポイントに伸ばしての完全な優勝となった。

MURASAKI SPORTS PRESENTS SHONAN OPEN最終公式結果:

1st, 750Pts, U$8,000 :大野 修聖(日本)

2nd, 563Pts, U$4,000 :大橋海人(日本)

3rd place, 422Pts, U$2,300: コナー・オリアリー(オーストラリア)、ケオニ・ヤン(タヒチ)

MURASAKI SHONAN OPENは明日以降もボディーボードとスケートボード、そしてその他、同時開催のサブイベントを含むアクションが続きます。


2013 ASPジャパンツアー次戦は7月25日~28日まで愛知県田原市赤羽根海岸にて開催される、賞金総額、$95,000-、スターシリーズ、4 STARイベント、BILLABONG PRO TAHARA presented by Xperiaとなる。

大会会場となった神奈川県藤沢市鵠沼海岸(松浪交差点地下道前)は、湘南地方の中央に位置し、江ノ島を取り巻く夏の観光地でもよく知られている。

昨年は、国内最大級のプロジュニアを主体に行われ、今大会はメンズのスターイベントがグレードアップし週末の海の日にかけてサマーフェスタが同時開催されて盛大な海開きとなった事でしょう。7月1日からは全国的な海開きが始まり、いよいよ日本の夏が始まる関東地方で真夏に突入する一大イベントとなったでしょう。

今回海外からの選手も多く参戦し7月第3週に愛知県田原市で予定されている4スターイベントへ連続で参加する強豪も多くエントリーした。

メンズ3 STAR EVENT は7月8日(月)からウェイティング期間となり、週末の13日(土)からはJPBA(ジャパン・ボディーボード連盟)とのコラボによる大会もスタートし、数多くのアクションが繰り広げられます。

「MURASAKI SHONAN OPEN」についての詳細はASP JAPANオフィシャルツイッター及び下記公式サイトを参照願います。

イベント公式ページは、http://www.aspjapantourlive.com/2013/shonan/index-jp.php からどうぞ!

「MURASAKI SHONAN OPEN」は、下記スポンサー各位に感謝すると共に提供されました。

主催・湘南オープン実行委員会:
・株式会社ムラサキスポーツ
・クロックスジャパン合同会社
・プーマジャパン株式会社
・MALIBU(サントリーアライド株式会社)
・Go Pro
・波伝説(サーフレジェンド株式会社)
・ASAHI SOF DRINKS(アサヒカルピスビバレッジ株式会社)

特別協力:
・カシオ電算機株式会社(G-SHOCK)

協力:
・藤沢市、藤沢市観光協会
・日本サーフィン連盟湘南藤沢支部
・株式会社なぎさパーク
・藤沢市、藤沢市体育協会、神奈川県藤沢土木事務所

■問合せ先:ASPジャパン事務局
〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-16-2 1F
電話:0466-30-2888 FAX: 0466-30-2889
Email:office@aspjapantour.com